アクアレーベル バランスケアローション、バランスケアミルク(サンプル使用)、他

久々に、新しいスキンケアを試して肌荒れ。

アクアレーベル バランスケアローション、バランスケアミルク

資生堂アクアレーベルの赤いラインの化粧水と乳液、バランスケアローションとバランスケアミルクのサンプルを試した。
f:id:rose_s:20200810135105j:plain:w280 f:id:rose_s:20200810135114j:plain:w280

一回1包ずつ、夜と朝に続けて計2回使用。そしたら久々に肌が荒れた。赤く湿疹が出るタイプの肌荒れで、顔全体が水玉になるというほどひどくはないけど、目周りや頬など皮膚が薄い部分を特にやられた。

ここ最近は肌の調子がそこそこ安定していて調子がよかったし、色んなスキンケアサンプルを使ってもこれといってなにも起こらない(肌の調子がよくなりもしないが、肌荒れもしない)ことがほとんどだったので、久々に合わない製品を引いてしまい、肌荒れして非常に気分が悪い。久し振りに顔がとてもかゆいけど、ここ数年アトピーが落ち着いているので対応する塗り薬も持っていないし。

あと、この二製品ともかなり目にしみる。もしかしてしみてるかもとかいうレベルではなく、うっとなるほど痛いので、もし肌荒れしなかったとしても私は使えなかった。


アクアレーベルの青のラインは美白、金のラインはエイジングケア、そしてこの赤のラインが保湿・肌あれ対応ラインとのことだが、その肌あれ対応ラインで見事に肌荒れするという皮肉。
この二製品、アルコールフリーとの記載があるが、では一体なにが私の肌に合わなかったのかがわからない。グリチルリチン酸ジカリウムは他製品でよく使っているし、トラネキサム酸もこの間までしばらくの間毎日使っていた白潤プレミアムにも入っていて問題なく使えていた。そして、下に書く同じアクアレーベルの青いラインのグリチルリチン酸ジカリウムとトラネキサム酸入りの美白美容液は問題なく使えているので、それらではない別のところで肌荒れしているような気はするが、まあ化粧品の処方については素人なのでよくわからない。

とにかく、今私にできることはこの製品を今後使わないことなので、今後はアクアレーベルの赤のラインの製品は買わないし試さないことにする。

AQUALABEL(アクアレーベル) バランスケア ミルク 【医薬部外品】 130mL

AQUALABEL(アクアレーベル) バランスケア ミルク 【医薬部外品】 130mL

  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


アクアレーベル スペシャルジェルクリーム、スペシャジュレ

アクアレーベルは去年ジャータイプのオールインワンジェルであるスペシャルジェルクリームを試して、全く問題なく普通に使えたものの、ジャータイプであることが衛生面と利便性の観点からどうしても難ありだったので、代わりにポンプタイプのスペシャジュレを買ってみたらば猛烈に肌荒れし、数回しか使わずに捨ててしまったことがあった。
f:id:rose_s:20200810135121j:plain:w250
このスペシャジュレも、肌にも目にも猛烈にしみる系だった。まあこの製品に関してはおそらくエタノールがだめだったんだろうと思う。私でもすぐわかるくらい激しいアルコール臭がする。

AQUALABEL(アクアレーベル) スペシャルジュレ 160mL

AQUALABEL(アクアレーベル) スペシャルジュレ 160mL

  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


アクアレーベル シミ対策美容液

同じアクアレーベルでも、青いボトルのシミ対策美白美容液はなんの刺激もなく普通に使える。これもトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウム入り。

特にこれといったよさも美白効果も感じないけど、安定して肌荒れしないし、ゆるいテクスチャーや使用感が悪くはないので、これまで3回か4回リピートして今現在も使っている。


これら、今まで使ったことのあるアクアレーベルの各製品の成分表記と、自分の肌や目への刺激の結果を合わせてきちんと検討すると、どの成分が自分に合っていないのかが少しは見当がつくんだろうけど、そこまで化粧品の成分に興味がないし、もしわかったところでじゃあどうすんだ感が強く、今後のスキンケア品選びに応用していける気もそうしたいという強い意志もないのでやらない。



最近は、数か月前に現品モニターで当たったあるプチプラスキンケア品が大当たりで、現品を買うことを決意した。サンプルを試し始めて数日で手応えを感じ、これは自分で買わねば、となったスキンケア品はこれまであまりなかったので、かなりレア。

モニター品をもらってから発売日までの期間が長く、発売日前に一本使い切ってしまったらどうしようと結構怯えていたが、基本的に夜だけの使用にしているのでどうにか発売日まで持ちそうでよかった。まだ発売になっていないので、発売日後に記事書きます。