BUGY CRAXONE 「じきにスターダスト」

BUGY CRAXONEというバンドの話を久々にします。


2018年の10月に発売された、BUGY CRAXONEのアルバム「ふぁいとSONGS」。
f:id:rose_s:20210915153703j:plain:w350

このアルバムに収録されていて、私が発売当初から好きだった曲が「じきにスターダスト」。

じきにスターダスト

じきにスターダスト


この曲の2番のAメロの歌詞がこれ

平成だっておわるし オリンピックもくるというのに
わたし去年のハンドクリーム やっと使い終わるところよ

いい歌詞ーーー

こういう歌詞をさらっと書いて歌えるすずきゆきこと、それを世に出してくれるBUGY CRAXONEが私は大好き。


このアルバムの発売日は2018年10月、平成30年の秋。その時点で、翌年の4月30日を最後に平成が終わることと、そのさらに1年後には東京でオリンピックが行われることが決まっていた。(実際にはその後、オリンピックは一年延期になったけど)

ある国で概ね数10年に一度しかない年号の切り替え時期が近づいてきており、
4年に一度しかない世界的なイベントがその国にやってくる日も近づいてきており、
一方で、わたしは去年使っていたハンドクリームを今年もまだ使っている。

世間は翌年以降の予定された未来に目を向けているのに、自分はやっと去年の続きを終えるところ。個々人の生活は大きな節目もイベントもなく淡々と続いているし、この後も続いていくのだ、と歌っている歌だと解釈している。人生は生まれてから死ぬまでずっと続いていて、一個人の前ではたった一年の節目すら曖昧だというのが現実。

社会や世間から個人へ、数10年や4年から1年単位へ、という視点転換を促すのに、「やっと去年のハンドクリームを使い終えた」という、誰にでもありそうな身近さでめちゃくちゃ瑣末なモチーフを選んでいるところがさすがだし、すずきゆきこらしいなと思う。


でもって、曲を全部聴き終えてから曲のタイトルを見ると「じきにスターダスト」なんですよね。

ここで急にまた時間の幅が変わっている 。和暦が変わる数10年、オリンピックの4年、同じハンドクリームを使い続けていた1年、ときて、タイトルでは一個人が死んで星屑になるまでの数10年へ。対象は一個人のまま、ログでプロットした方がよいってくらいスケールが大きくなっている。ちなみに曲自体も、「人生なんてかんたんだ」と長期の俯瞰視点になって終わっている。

すずきゆきこは、BUGY CRAXONEの何度目かの路線変更後に突然、日常のささやかな暮らしに立脚した歌詞を書くようになったんだけど、この曲もその一部だと思う。「シャララ」で「生きることは暮らすこと」と歌っていたように、一日一日をどうにかこうにか越えていくうちに誰もが未来に到達し、それが積み重なって人生になる。

前作収録の「シャララ」もすごく好きな曲です。




ブージーラクションは、10代〜20代前半の頃の私にとっては主に下北沢SHELTERで爆音とシャウトを聴きに行くバンドだったけど、ここ数年は主にすずきゆきこのありがたいお言葉を浴びるためのバンドとなっている。

メジャーファーストシングルで初めて知って好きになったときからメンバーが何度も変わっているし、数年ごとに音楽性もどんどん変わるけど、すずきゆきこがこの調子で歌詞を書いてくれている限り、私はたぶんこのバンドがずっと好きですね。

BUGYの歌詞についてはまた書きたい。私が数年前からずっと一番書きたいのは、BUGY CRAXONEの歌詞世界における「神様」の存在と、その変化についてなのだが…デビューアルバムの「blanket」から、鈴木由紀子の周りにはいつも、ちょっと腑抜けたかんじの神がいる。このテーマでブログかなんかを書いてるブージーファンの人、どこかにいないだろうか。

セルフネイル記録(2021年6月)

またためてしまった。6月分です。まだ夏前じゃん。


目次


OPI ネイルラッカー F16(Tickle My France-y)

f:id:rose_s:20210912103032j:plain:w270 f:id:rose_s:20210912103041j:plain:w270
f:id:rose_s:20210912103036j:plain:w270
いつまでも好きなくすみローズピンク。あまりべったり感がないところも好き


OPI ネイルラッカー R46(Got a Date To-Knight!)

f:id:rose_s:20210912103124j:plain:w270 f:id:rose_s:20210912103122j:plain:w270
f:id:rose_s:20210912103117j:plain:w270
失敗した。

大昔の学生の頃に買って、その後もしばらくは非常によく使っていたポリッシュだけど、この明るさと鮮やかさが今の私の肌と肌色には合わない、もう無理、限界。ポリッシュ自体は劣化していなくてまだまだ普通に使えてしまうので、たまに塗りたくなってしまうんだけど、何度試しても(私にとって)だめなものはだめですね。



OPI ネイルラッカー A15 (Dolce de Leche)

f:id:rose_s:20210912103148j:plain:w270 f:id:rose_s:20210912103146j:plain:w270
f:id:rose_s:20210912103141j:plain:w270
べったりのっぺり系のオレンジピンク。これで、もう少し透け感のある発色だったらもっといいのになーとか思うけど、まあこの色自体めっちゃ古いからなあ。たぶん10年以上前からあるよね。最近のドルチェデレチェは、スタンダードラインの同じ色番でも処方が変わっていたりとかするんだろうか?


この月はOPIしか使わなかった。一度OPIのポリッシュを使うと、やっぱこのハケ塗りやすくて最高だなーと思ってしばらく使い続けてしまう傾向にある。アディクションも同じ。


2021年セルフネイル記録 過去記事

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX(サンプル使用)

引き続き色んなスキンケアサンプルを取り寄せては試しているので、その話。

ドクターシーラボのビタミンC美白化粧水が、これまでに使った全ての化粧水の中で一番好きってくらい好きでした。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

相当前にサンプルをもらって放置していたもの。
f:id:rose_s:20210909171506j:plain:w350

ドクターシーラボは、私が学生の頃にオールインワンジェルが大流行していたよなあ…という大昔の印象しかなく、その後はどんな製品を出しているのかも全く知らなかったので、特に期待もせずに使ってみた。ら、かなり好きだった。

何がいいって、使い心地がいい。手のひらに出した見た目ではほとんどわからないくらいの微妙なとろみがついていて、顔に押し塗りしたときの感触がとってもよい。しとっ、とするかんじ。私が普段使っている安いとろみ系化粧水(ロート製薬の白潤プレミアム)のような、わかりやすいとろっと感やペタペタ感はなくって、テクスチャー調整が絶妙。これほどテクスチャーが好きだと思った化粧水は過去になかった。

あと香りもとてもいい。オレンジジュースの香りがする。単に柑橘系、とかオレンジの香り、とかいうよりも、市販のオレンジジュースそのものの香り。オレンジ+砂糖の甘さを感じる香りで、顔にオレンジジュースを塗り広げているかのような錯覚を覚え、顔がベタベタしそうという気持ちにさえなる(実際には、上述した通り一切ベタつかない)。私は、どシンプルで凝っていない甘めのフルーティ系の香りが好みなので、この香りも大好きだった。スキンケア品に上質な香りとかリラックス効果を求めている人には合ってないと思う。

なお、使い心地がいいというだけで、他に何かいい効果があったわけではない。保湿力は普通だし、毛穴やらシミやらくすみやらが何か変わるわけでもない。悪い効果もない。

小さいサンプルボトル1本を数回の使用ですぐに使い切り、あーこれ好きだったのに残念、と思っていたら、スキンケアサンプルをためこんでいる収納の中から同じ製品のサンプルボトルがもう一1本出てきたのでそれも使った。ビタミンC高濃度配合と謳っているけど、サンプルを2本使った限りでは刺激もなかったし肌荒れもしなくてよかった。



VC100エッセンスローション、私がスキンケアにお金を投入するタイプの人間であれば間違いなく即現品購入する、というくらい気に入ったけど、実際にはそんなことはないので、公式サイトで価格を確認して、たっかいな…と思って静かにタブを閉じた。

通販主体のスキンケアコスメだしもう少し安いのかと勝手に想像していた。私の金銭感覚からすると、化粧水にこの値段というのは、ここから半額になったとしてもまだまだ高いです。将来、なぜかもし富豪になったら化粧水はこれにする。