KAMIJO OSCARツアー ナレーション内容

10月のニューアルバム「OSCAR」発売を前に、現在行われているKAMIJOソロのOSCARツアーで流されている、英語ナレーション内容のメモです。


全編英語、字幕なし、多くの場合は楽曲演奏やSEと同時に流されるため非常に聞き取りづらい、という三重苦で、かろうじてまだ残っている記憶も英文そのままだったり、内容のニュアンスだけだったりと見事にバラバラで記憶違いも多いと思うけど、だからこそ現時点での記憶をここで一旦記録しておきます。

この記事の内容は全て、さいたまと柏公演が終わって、名古屋と静岡公演はまだというタイミングでの話です。10月発売のアルバムを聴いたり、来年のツアーファイナルを観たりすると答え合わせができるのかもしれない。



目次


セトリがないと流れがわかりにくいので、ナレーションが流れた直近2公演のセトリをまず置いときます。

セットリスト

2022/8/21 HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3

新曲
SHADOW OF OSCAR
Symbol of the Dragon
闇夜のライオン
Vampire Rock Star
Moulin Rouge
Bloodway
fairytale
Tresor
Delta -Interlude-
Castorato
PERSONA GRATA
Eye of Providence
TEMPLE
Emigre
Nosferatu
Epilogue
Crimson Family(SE)

Avec toi 〜君と共に〜
BEHIND THE MASK
Louis 〜艶血のラヴィアンローズ
Throne
Throne(SE)
Theme of Sang(SE)


2022/8/28 柏PALOOZA

新曲
SHADOW OF OSCAR
Symbol of the Dragon
闇夜のライオン
Vampire Rock Star
Moulin Rouge
Bloodway
fairytale
Tresor
Delta -Interlude-
Castorato
PERSONA GRATA
Eye of Providence
TEMPLE
Conspiracy
Emigre
Nosferatu
Epilogue
Crimson Family(SE)

Avec toi 〜君と共に〜
BEHIND THE MASK
Louis 〜艶血のラヴィアンローズ
Throne
Throne(SE)
Theme of Sang(SE)

柏は、TEMPLEとEmigreの間にConspiracyが入っただけで、基本は埼玉と同じセトリ。あとオープニングが違ったような気がするがもはや覚えてない。


ナレーション内容

開演前影ナレ

  • 本編と同じナレーターが、開演前の一般的な注意事項を英語で読み上げる
  • たぶん7月のバースデーライヴのときと同内容

開演前のナレーション内容はKAMIJOソロのストーリーとは何ら関係ない。緊張感のあるちょい早口読みで、注意喚起の内容的にも飛行機離陸前のアナウンスっぽさがある。

以前はサンジェルマン伯爵が前ナレやってて、ライヴ中に携帯鳴らすと処刑するぞ的なことを言って高笑いするなどホーンテッドマンション感があったが、今回はその手のナレーションではなかった。

オープニング〜本編一曲目(新曲)

  • さいたまは鐘の音始まり
  • 柏は鐘の音なしでいきなりSEとナレーション開始
  • 柏は、DOE長官とその家族がクリムゾンファミリーに殺されただか狙われた(死んでないんだっけ?)話のおさらいナレーション

その後、新曲開始。そういえば長官だけじゃなくその家族までやられてたんだっけ、と3年ぶりに思い出しました。さいたまは最初に何の話をしてたか、まるごと全部忘れた。なんだったっけね…

fairytaleのイントロ中

  • Every child has a dream
  • Adults around the child~
  • eventually
  • grown up
  • failとか、もしくはそれに準じる単語を言ったような、言っていないような

さいたまでの初聞き時には、成長すると子供の頃の夢は叶わなくなる、とか、叶わないと知るようになる、みたいなニュアンスを感じていたのだが、柏で同じ内容をもう一回聞いたら、そこまで具体的な話はしていないように感じた。

さいたまでは、fairytale前のこのナレーションとそこからのセトリ、すなわちfairytale(時間を過去に巻き戻すおとぎ話、叶わない夢の示唆)→Tresor(「いつか父と同じように国中を見渡せるのかな」という、史実では叶わない幼少期のルイの夢)→Castorato(何かを得るには犠牲がつきものという曲)っていう一連の流れに戦慄し、「子供の頃の夢を叶えたいなら何かを犠牲にしろ」という主張をルイと客に突きつけたいがために久々にTresorをやるなんて、KAMIJOまじこわい!!という印象しか残らなかったのだが、全部ただの気のせいかも。

ルイが寝てる間の話

  • While the child is sleeping, ~

ベートーヴェンの手によってタンプル塔から救出されたルイが長く眠らされている間のことを指していると感じたが、その後全て聞き取れなかったか忘れた

ワクチンの話

  • vaccination
  • conspiracy of crimson family
  • He is not OSCAR

ワクチンは、ヴァンパイアの血で作る不老不死のワクチンの話だったかな?Heはクリムゾンファミリーの誰かを指して、OSCAR(世界を救う者のこと?)はそちら側の人間ではない、と結論づけているのかなと感じた

PERSONAシステムの話

  • London Research Instutute
  • Angelaが発明した個人認証システムの話
  • それを全世界の人類のDNA test結果と照合する
  • 数年かかる、だか時間がかかる、とか言っていたような

ロンドンの研究所の単語が出てきたのは、ここじゃなくてワクチンの話のところだったかも。

アンジェラがinventorと明言されてたけど、このシステムは彼女が大学時代に開発したんだったっけ?会社に入ってからだっけ?もう2019年のPERSONA GRATAツアーでのストーリーを全て忘れた。シングル三部作の小説を読めばわかるのかな?三作とも小説付きを買ったのに、未だにちゃんと読んでない…

PERSONA GRATA前

  • 地球の温暖化
  • 電力需要が上がった一方で、化石燃料が枯渇
  • エミグレの力で発電する必要がある

血液で発電という話は相っ当昔からしてるよね。ライヴ後にKAMIJOがツイートしてた、OSCARの血じゃないと発電が足りないとかいう話はナレーションでは言ってなかった気がするが、単に私が聞き飛ばしただけかも。

エミグレへの感謝

  • Thanks to the power of Emigre

これは7月のバースデーライヴでも言ってた。7月はforだと思ってたけど、8月にもう一度聞いたらtoでした。サンジェルマン伯爵の言葉なのかな?

アンコールのAvec Toi前、突然のSF展開

  • Eyes transformed to save the world
  • Life is~
  • Love varies / is varied
  • buries / is buriedかもしれない

昏睡状態だったはずのアンジェラの目のことを指してるんだけど、突然のSF展開(?)でびっくり。transformって。メタモルフォーゼみたいな意味でこの単語を使ってるの?それとも、アンジェラがEye of Providenceになって世界を救うとか、その手の方向なの?そもそも、KAMIJOのストーリーを置いておいても、一般名詞としてのプロビデンスの目の概念が私は未だに理解できていないのだが…

裏に何のSEも流れていない状態でのナレーションだったにもかかわらず、Loveの後に何と言ったかが2回聞いてもなお聞き取れなかったのだが、varyでもburyでもどちらにせよ意味がつかめていない。愛は生まれ変わる(Love will be born again)なの?その後にナレーションが続いてなくて目的語がなかったので、Love is buriedなのかな。

Loveの一文は直前のLifeと対比させてる構文っぽかったから、(アンジェラの)命は消えても愛は残る、とか言ってんのかなと思って柏で二度目を聞いてみたけど、それっぽい話は聞き取れなかった。


全体通して

アンコールでのアンジェラの部分が全然わからん。

2019年にPERSONA GRATAツアーを観てたときはたしか、アンジェラの父親がクリムゾンファミリーのクリムゾン(雑に言うと、ルイやサンジェルマン伯爵側から見た敵のボス)で、アンジェラの恋人リチャードはクリムゾンファミリー側にいると見せかけて反旗を翻す、っていう雰囲気だった気がするが、死にかけのアンジェラ(または死んだ彼女の意志)とリチャードが手を組んでクリムゾンファミリーの陰謀を止める、つまり世界を救う、とかそういう流れになっていくんだろうか。


本編は、エネルギー需要と石油枯渇の話、血液での発電の話からPERSONA GRATAとEye of Providenceの2曲を挟んで「そして、ルイは決意した」(さいたま)、「そして、ルイは決断した」(柏)とKAMIJOがマイクで喋ってTEMPLE演奏開始、という流れだったので、飲み屋を2軒ハシゴした後の本編セトリは全部素直にストーリー通りに並んでいたように感じた。

結局、処刑されて死んだ父ルイ16世のような、市中の人々のためになる立派な人間になるという幼い頃の夢を叶えるために、何か(おそらく自分自身か、自分の組織したEmigre関連のなにか?)を犠牲にすることを決意するルイ、っていうことなのか?世界のエネルギー供給のために、自分の血液を発電に回すことを指してる?それが「美しいならばそれでいいじゃない」ってこと?その後のNosferatuでもおんなじようなこと言ってるし。ルイの中では美が正義。

でもルイって既に心臓えぐりとっちゃってるし、そもそも血液を外部に供給できる状態なの?という素朴な疑問がある。美しい旋律さえあれば、血液は無限供給できるっていう設定なのかな。


まあなんにせよ、ルイのその自己犠牲の構図って、Symphony of The Vampireのストーリーとまるまる同じだよね。何かを犠牲にして何かを得る。まあ、KAMIJOのストーリーは、ソロ以前も含めて基本的に全て犠牲の愛と二項対立がベースだと思っているので、それでいいのかな。HeartはLove or Pride、SangはFriend or Foe、でもってOSCARはAngel or Demon?複雑な状況を簡単な二項対立や二者択一に落とすと劇的になるもんね。

なお、OSCARに収録される新曲SHADOW OF OSCARでは、光と闇を歌ってるのですがこれがまたKAMIJOらしくてめちゃよい。意味わからんが、いつも通り劇的に苦悩している。

まだライヴで数回しか聴けてないけど、私は既にこの曲が大好きです。早く音源でも聴きたいなー。


全体通して、そもそもあまり聞き取れていないし覚えてもいないが、残っている記憶をつなげてもOSCARのナレーションは謎だらけ、ストーリーもまだ謎だらけ、ってかんじです。

この先、アルバムをちゃんと聴いたらそれなりに理解できるようになるんだろうか。私はまず、シングル三部作の小説をちゃんと読むところから始めた方がいい気がする。

Persona Grata (初回限定盤)

Persona Grata (初回限定盤)

  • アーティスト:KAMIJO
  • Sherow Artist Society
Amazon

エクセル ニュアンスフルペンシルライナー NP01、02、03、04、05

モニターで試した、Excelのペンシルアイライナーの話。


目次



エクセル ニュアンスフル ペンシルライナー NP01〜NP05

今週9/13に新発売された、エクセルのニュアンスフルペンシルライナーを試しました。

モニターが当たって、どの色が届くかなーNP01からNP03あたりの色だったらいいなーと楽しみに待っていたら、新発売された5色全てがまとめて届いたので驚いた。


実際の製品色はこんなかんじ。

手前から順に

  • NP01(グレージュ)
  • NP02(チョコレート)
  • NP03(ピンクブラウン)
  • NP04(アイボリーベージュ)
  • NP05(キャラメル)

暗めブラウンからアイボリーまで、赤みブラウンも黄みブラウンも幅広く取り揃えていますというかんじ。

ちなみにこの画像を撮ろうとして、さっそくNP04の芯を折ってしまった。使用前だったのに…それくらいやわらか芯です。皆さんはこんなに繰り出してはいけません。私も使用時はもっと控えめに、ほんのちょっとだけ繰り出して使ってる。繰り戻せるタイプなので、折らない自信がある人は長めに出しても大丈夫です。

スウォッチ画像、描きやすさなど

実際に描いてみるとこんなかんじ。上から順にNP01→NP05。

使用前時点での予想通り、NP01, NP02, NP03が好きな色系統だった。

極細というほどは細くない気もするが、たしかに細めの円形芯で、上下のまつ毛キワを狙って描きやすい。上述した通り、出しすぎた状態で横方向から力が加わるとすぐ折れるくらいやわらかな芯で、力を入れなくても割とするする描ける。実際にまぶたに描き始める前にどこかに試し描きする必要がなく、いきなり描いても大丈夫なのでストレスなく使える。

描いてすぐならぼかしても使えるという説明だったけど、実際にはほとんどぼかせないので、広めのラインをぼかし描きしたいなら他のアイテムを使う方がよい。私は、せっかくペンシルタイプのアイライナーなんだったらある程度ぼかしてアイシャドウとなじませて使いたい派なので、もうちょっとぼかせる設計だったらなおよかった。

あと、何度か重ね描きするとムラづきするんだけど、ぼかせないからムラになっても直せないので、あんまり重ねずにすーっと仕上げる方がよい。

ぼかせない分、一度描いたら結構密着して、こすっても消えない。こすれには強いけど経時では薄れてきて、夜にはかなり薄れてる。徐々に薄く消えていくかんじで、にじんだりはしないので、長時間経った後の崩れ方はきれいっちゃきれいです。

各色使い方

もらってから色々使っているのですが、結局のところ、やっぱりNP03(ピンクブラウン)が一番好き。私は赤みか青みに弱いので…ピンクというよりストロベリーブラウンっぽい色で、赤ベースだけど浮かずになじむ。上下まぶたどちらにも使っているけど、私は下まつ毛ぎわに赤みを持ってくるのが好きなので、上まぶたに他の色を使うときでも下まぶたにはこの色を合わせるのが好き。それなりにしっかり引いても、上下ともに抜け感が出てよい。好きな色だし、アイシャドウの色もあまり選ばず合わせやすいしでお気に入り。


NP02(チョコレート)は私の普段のメイクには濃すぎるが、色としては好き。上まぶたにならがつっと引いてもぎりぎり使える、下まぶたにはうっすら引くとか、点状に使うとかしないと強すぎた。なので下まぶたにはNP03を合わせがち。

NP01(グレージュ)も色自体は好きなんだけど、この色は私の顔には濃すぎた。ラインの色が濃すぎるとなんだかか昔っぽいメイクになってしまうので、平日には使わず、土日に引いたりしてる。大昔はこれくらい濃い色のアイライナーも普通に使ってたんだけどね…真っ黒のアイライナーばっかり買ってたし。今では考えられない。


NP05(キャラメル)は私の元々の好みには合わないが、秋っぽいおしゃれ色。黄みやオレンジみが好きな人にはこの色がいいのでは。ゴールド系のアイシャドウ、こないだもらったKANEBOのポップタップジェリーEX3とか、アイカラークォードのハネムーンとかと合わせてたまに使う。
NP04(アイボリーベージュ)はまだ使えてないです。ここまで白みのある色を普段通りのアイライン用途には使わないし、オンライン発表会でやられていたような、抜け感を出すために上まぶたのキワにあえてこの色でラインを引く使い方も私はやらないなーというかんじなので、この後私が使うとしたらアイブロウのコンシーラー用途かなと思ってる。

今回のアイライナーや、過去に買ったアイブロウパウダーやネイルポリッシュを使った経験から、エクセルは基本的には色のよさで一点突破するブランドなんだなあという印象を持っている。色がよい、価格はまあまあ、総合的な質もほどほど。

春に限定発売されたエクセルの紫アイブロウパウダー、スタイリングパウダーアイブロウ SE04(モーヴブラウン)もとにかく色がよいというその一点だけで好きだったのだが、これは先日無事再販分でストックを買えたので一安心。


ヒロインメイクのソフトディファインクリームペンシルと同じパッケージ

そういえば今回のニュアンスフルペンシルライナー、こないだ別でもらったヒロインメイクのペンシルアイライナーと全く同じ容器っぽい。側面も底面も同じ、芯の形状は違うが。
同製品でも色番ごとにキャップ下の色がちゃんと違うので、くるくる回して色番シールを探したり、キャップを開けて色を確認したりしなくても、ぱっと見で色がすぐわかって地味に便利。


最近、ヒロインメイクのアイライナーが当たり、このエクセルのアイライナーが当たり、でペンシルアイライナーづいており、あまり持っていなかったペンシルアイライナーを頻繁に使うようになったのですが、やっぱり私はペンシルアイライナーなら割とぼかせるタイプの製品の方が好きだなあと思ってる。

ぼかせるタイプだとおそらく耐久性が落ちてしまうんだと思うが、ぼかさずにキリッと描いて夜まで持たせたいときは、リキッドアイライナーを使えばいいから。リキッドを使わず、ペンシルライナーで全部仕上げる方がちゃんと抜け感が出て、今っぽいとはわかっているんだけど、まあそこは個人の好みです。

セルフネイル記録(2022年7月)

7月のセルフポリッシュネイル記録です。

8月分まで、2か月分まとめて書こうと思ってたけど長くなり遅くなるから断念。7月分だけささっと書きます。

前回、5〜6月分はこちら。


目次


ADDICTION ザ ネイルポリッシュ 022C(We Love Space)

いつものウィーラブスペースを二度塗り。アディクション私的定番色その1。


何を塗ろうか考えたくないときや何も考えつかないとき、ウィーラブスペースかシャトーバスクを塗る。適当に塗っても好きな仕上がりになるし、服装を選ばないから。

使い込みすぎていたこのポリッシュを新調したら、案の定キャンメイクのN10(ペールラベンダー)の出番が少なくなった。近い色味だったら、そりゃ使い勝手がよりよい製品の方に手が伸びてしまう、まあこれだけ価格差があるので当然なのだが。一方、キャンメイクは300円台でこの質というのはこれはこれでかなりすごいと思ってる。

なお爪先がめっちゃ剥離している&根元が浮いているのは別にポリッシュのせいではなく、塗ってから一週間くらい経って散々手を酷使した後に写真を撮った、私のせいです。




ADDICTION ネイルポリッシュ 006(Moonwalk)

アディクションムーンウォーク

大好きブルーグレー、この回は厚めに二度塗りしたのでしっかりブルー。


珍しく寒色。基本的に仕事のときは肌なじみのいい暖色か無彩色、つまりはピンクとかベージュとかばっかり塗っている、はずなのだが、この回は一体どうしたんだろう。7月のコロナ第7波は運よく乗り切ったので、この時期も普通に毎日出社していたと思うけど、記憶にない…

日常使いする寒色はこのポリッシュしか持ってない気がする。紺色とか青ラメとかは数本持ってるけど、さすがに平日の仕事時には使わない。なお、私が好きでよく使う系の紫色は、私の中では暖色に含まれる。

006は旧製品(厳密には旧々々製品くらい?)の色番なので、現行のザ ネイルポリッシュでの色番は019Sです。




キャンメイク カラフルネイルズ N08(ミスティモーヴ)

ロムアンド ムードペブルネイル 07(mauve sand)

キャンメイク カラフルネイルズ N24(トゥインクルドロップ)

ローズピンクネイルに爪先オーロラホロのせ。



全部一度塗り。ショートネイルでもキラキラさせると気分が上がっていいね。他のピンクポリッシュにモーヴサンドがけするの、まだやってる。

キャンメイクトゥインクルドロップ、かなり好きなんだけどランダムホロをのせるのがむずい。世の人たちはピンセットとか、なんらかのツールを使ってバランスを見ながらホロを爪上に配置しているんだと思われるが、私はめんどくさいのでボトルから直接、付属のハケをそのまま使って無理矢理のせてる。なので配置が完全ランダムだし、バランスよくうまくのせられない。図らずして、運の要素を楽しむ事態になっている。

指に謎の跡がついているのは、デンタルフロスを指に巻き付けてた直後に写真を撮ったからです。画像加工を頑張れば、たぶんこういうのも消せるんだろうが、技術も気力もなくて頑張らなかった…私のつめの記録なんてそんなものである。


7月は一か月で3回塗った、まあ普段通りのペース。

8月分はまた別途書きます。


セルフネイル過去記事

ネイルカテゴリからどうぞ。