デジャヴュ ラスティンファインE クリームペンシル ピュアブラウン

この記事でちょっと書いた、デジャヴュのアイライナーの話をする。


デジャヴュ ラスティンファインクリームペンシル ピュアブラウン

デジャヴュの繰り出しペンシルタイプのクリームアイライナー。
f:id:rose_s:20200724121403j:plain:w350
これも去年現品をもらって、最近までずっと使わずに保管していたものの一つ。完全在宅勤務中に、家にひきこもって部屋の掃除をしていたら発掘された。


色はピュアブラウン。ウェブで見ると明るすぎに思えたけど、自分の顔に使ってみるとそんなに明るすぎるわけでもなく、むしろこのくらいの色みでちょうどいい気がする。

去年大阪で急遽買ったヴィセアヴァンのリップ&アイカラーペンシルの12は、私が使うと目元の肌色だか目の色だかと合わなくて、目周りがくすんで小汚くなってしまうんだけど、このピュアブラウンだとそうはならない。茶色の明るさの問題なのか?彩度の問題なのか?黄みと赤みのバランスの問題なのか?ヴィセより彩度が高いおかげな気はしているが、謎。

芯は1.5mm x 3.0mmの楕円型で、太くも細くも描けるという触れ込みだが、正直使いやすくはない。細芯側で描くために、毎回ペンシルを持つ角度を調節する必要があって面倒。最初から自分に合った太さの丸芯ライナーを使う方が楽、太く描きたいなら細芯で太く描けばいいだけの話だし。まあ、人によってちょうどよいと感じる太さが違うのでこういう設計になっているんだろうけど。

製品のサイトには「ペンシル史上最細 0.65mm」と書いてあるけど、どこの太さのことを言っているのかよくわからず、意味が理解できていない。細芯側の先で描いたときの実際のライン幅のことを言っているのか、細芯側の先端部、肌に触れる部分の太さのことを言っているのか…でも後者なら任意の位置を定めればなんとでも言えるので、ライン自体の太さのことなんだろうか。
f:id:rose_s:20200724121355j:plain:w270 f:id:rose_s:20200724121409j:plain:w270
芯のやわらかさについては別に普通。普通に描けるけど、特段なめらかなわけでもないように思う。硬すぎて描きにくいとかいうことはないが。

ジェル超え、密着アイライナー、というキャッチコピーだけど、持ちもごく普通。朝から一日使っていれば夕方には普通に薄くなる。下まぶたに汚くにじんだりとかはしないけど、経時で薄くなって、消えていく系。あんまりラスティンしない。ただ私はラインをくっきりと残すような使い方をせず、最初からかなりぼかして使って締め色アイシャドウ代わりにしているので、薄くなる点はあまりマイナスポイントにならない。

そういえば、かなり前に同じデジャヴュのラスティンファインペンシルの方を純粋なアイライナー目的で買ったんだけど、ラインを残すには持ちがよくないし、芯が硬くて描きづらく、まぶたに負担がかかるしで割とすぐ使わなくなってしまったことを思い出した。

当時は製品名が違ったような気もするけど、赤いパッケージの繰り出しペンシル。今は改良されているのかな。


まあ、今回のクリームペンシルは全体通して普通でした。発売時、ベスコスにたくさん選ばれていたようだけど、そこまで何かが特別だとも、いいとも感じず。久々に新しいペンシルアイライナーを使ったのと、これくらい明るいブラウンでちょうどいいんだということを学べたのはよかった。

バラエティショップ限定販売品のせいか、ピュアブラウンのページがないのでダークブラウンを貼っておく。製品名が微妙に違うのでリニュ前のやつなのかな。


アイライナーでラインを引かなくなった件

ここ数年は、アイライナーをアイライナーらしく、ラインを残した使い方をすることがなくなった。

カラーペンシルは使うけど、あくまでアイシャドウの延長というか、アイシャドウの締め色をペンシルアイライナーで代替するという使い方しかしない。リキッドアイライナーは使わないし、ペンシルタイプのものをかなりぼかしてアイシャドウにつなげてしまうので、ライン感薄め。

昔は、毎日欠かさずくっきりリキッドライナーを引いていたけど、目の際をしっかり締めるようなメイクが下火になってきてからぱったりやめてしまった。上まつげ生え際全体にラインを入れた方が顔がくっきりするのはたしかだけど、数年前からもうそういう気分じゃない。リキッドでの目尻延長細ラインは今もまだやってる人が多いし、確実に目が拡張されるので私も好きではあるけど、いかんせん持ちが悪いし、私の目は目尻を引くなら全体も一緒に引かないとバランスが悪いので、ならもういいやとなって一緒にやめた。

毎日リキッドアイライナーを二本使いしていた当時は、目尻用にKATEのスーパーシャープライナーを何十本と買っていた。上まつげの生え際を埋める用には、下の記事でやっと見つけたレブロンをその後数年間使い続けていた。

最近のリキッドアイライナーは一日使っても夜まで落ちなかったりするんだろうか。リキッドアイライナーも全く開拓してないからわかんないな。ここ数年で、幅広いニュアンスのブラウンアイライナーを複数展開しているブランドが増えていることは知っていて、興味はある。つい数年前までは、プチプラではブラウンのリキッドライナーと言ったら一色展開なブランドがほとんどだったような気がするが、今はブラックもブラウンも多色展開になっていてとてもよさげ。


ファイバーウィッグは引き続き愛用中

マスカラはファイバーウィッグのロングタイプをたしか高校生のときから今までずーーっと使っていて、なんならファイバーウィッグ発売前もデジャヴュのダイヤルマスカラを愛用していたので、デジャヴュには長年お世話になっている。

ブラシは昔のストレート型の方が好きだった。カーブ型になってしまってからは、開封したらいつもブラシの根元を自力で折って、ストレートにして使っている。

この先、もしファイバーウィッグがなくなったらほんと困るなー、万が一そんなことが起こったら確実にまとめ買いすると思う。

去年からマスカラはもっぱらブラウンです。ここのナチュラルブラウンは赤みが少なくて好きな色ではないけど、ファイバーウィッグのロングタイプでブラウンだと他に選択肢がないから仕方がない。やっぱりボルドーブラックに移行すべきなのか?未だに試していない。


ファイバーウィッグのナチュラルブラウンよりももうちょっと赤みのある茶マスカラとして、フーミーのチョコブラウンマスカラを買ってはあるけど、完全在宅勤務になってから3か月以上ほとんどマスカラを使わなかったこともあり、まだ使っていない。今使ってるファイバーウィッグを使い終えたら、まずはこっちを試してみる。