ネイルズインク 45セカンドトップコート ウィズケンジントンキャビア

今年からまた定常的につめを塗るようになり、トップコートとして長年使ってきたセシェヴィートの使い心地が悪いことが気になってきた。


セシェヴィートのよい点

  • 一度塗りするだけで十分なつやが出る
  • 速乾
  • 安価

セシェヴィートの惜しい点

  • ハケが細すぎて、中指や親指を塗るには液量が足りなくなる
  • 液粘度が高いので、さっさと塗れるかんじではなく、のせるように塗る必要があるので気泡が入りがち
  • 乾燥後の縮みが大きく、乾燥直後の時点で既に根元の仕上がりが汚くなる
  • 膜厚が厚く硬度が高い分、乾燥後の塗膜がもろく、端から欠けや剥がれが起きることがある
  • 連続して使っていると明らかに自爪が痛む

セシェはハケが丸細タイプで、しかもさほど広がりもしないので、元々塗りやすいタイプのトップコートではない。さらに、私が使っているのは数年前に購入したものなので、液の粘度が購入時より少し上がっていて、余計に塗りにくくなっていた。セシェは塗るというよりも、液をのせるようにして使うものだと認識しているが、そうやってかなり多めの液をのせても最近は塗りにくいし、気泡も入りやすくなってきた。

セシェは、繰り返し使っていると明らかにつめが痛んでくるのも気になっていた。成分が下地のポリッシュのさらに下までしみこんでいるのかなと思っていたけど、よく考えたらあれだけ縮むってことはそれだけつめに応力がかかってるってことで、物理的にもよくなさそう。つやがとにかく最高だからと使い続けていたが、これを機に他のものも試してみることにした。

ネイルズインク 45セカンドトップコート ウィズケンジントンキャビア

それで、数年前にバズったネイルズインクのトップコートをmeecoで初購入。
f:id:rose_s:20200830195756j:plain:w350

ネイルズインクのポリッシュ自体、買うのも使うのも今回が初めて。

インスタやツイッターで、色んなトップコートハケの太さを調べたところ、ネイルズインクのものはまず間違いなく太そうだったのでこれにした。そしたらほんとに太かった。つめが細い人だと、むしろ小指なんかは塗りにくいのではというくらい太い平ハケ。セシェだと、面積の大きいつめを塗るのが難しかった私としては非常にありがたい。

液もさらさらで、なんらストレスなく厚塗りできる。ただ、たっぷり液をとって厚塗りしたところで、液粘度が低いのであまり厚みは出ない。たっぷりめに二回重ね塗りしてもなおセシェ一回塗りより薄いと思う。厚みが稼げない分、つやもセシェには負ける。二度塗りしてもなおセシェ一度塗りに負けるけど、二度塗りすればそこそこのつやは出るので、私はそこで止めている。セシェ並みのつやが欲しければ三度塗り以上する必要があるが、それだけ重ねたときにどうなるかは試してないからわからない。

ちなみに前記事のネイル写真でいうと、一番上のシャトーバスクがセシェ一度塗り、その下のウィーラブスペースとバニラブレイクがネイルズインク二度塗りです。この程度の写真ではっきりわかるほどの光沢差はないが、実物を太陽光などの強い光の下で見ると結構違う。

つやはセシェより明らかに劣るけど、セシェより縮みにくいのがこのトップコートのよいところ。セシェのように猛烈な縮みが起こらないので、これを仕上げに二度塗りした後、一週間から10日経ってつめが伸びても、セシェ使用のときのような独特の汚い根元にはなりにくい。

そしてセシェのような硬くて厚い膜にならない分、ごそっと端部が剥がれるような欠け方はしない。まあ、セシェのように厚膜・つやあり・高硬度・もろい 塗膜にするか、ネイルズインクのように薄膜・つやあまり出ない・低硬度・やわらかい 塗膜にするかは、物性的に完全にトレードオフだと思うので、どっちを取るかは好みだと思う。

なお乾きは体感値でセシェと同じくらい。45秒で乾くということになっているが、私は厚塗りしているのでさすがに45秒では全然乾かない、でも数分すれば乾く。

あと、これを買って初めて塗ったときは、シルバーの四角いキャップ部が持ちにくくて塗りにくいのが惜しいなあと思ったのだが、実はこれは真上に引くとすぽっと外れる。そうすると中には小さくて円柱状のプラスチックキャップがあるだけなので、そのことに気づいてからはシルバー部分は外して塗っています。


結論として、

  • ポリッシュを一週間単位くらいで塗り直す日常使いには、塗りやすく、つやがそこそこ出て、縮みにくく欠けにくいネイルズインクを一度塗りか二度塗り
  • その日一日綺麗に持てばいいからとにかくつやつやネイルにしたい、ここぞという日(いつ?)には頑張ってセシェヴィートを一度塗り

という方針でいこうと思う。

ネイルズインクのトップコート、今のところ満足している。取り敢えず一本使い切るつもり。つめの痛みについても長期的に様子を見てみます。