KAMIJO・KAMIJO World Tour 2015 -20th ANNIVERSARY BEST- Grand Finale @Zepp DiverCity Tokyo


2015年末にあった、KAMIJOソロの20周年記念ツアーファイナル@ゼップダイバーシティ、あっという間にライヴから一年経ってしまった!

(これを書いているのはライヴから一年以上経った2017年1月です)

f:id:rose_s:20170117152300j:plain:w250
私が未だに一番好きなバンドであるVersailles の復活の儀式もあり、ほんっとーにいいライヴだった。セトリと感想ツイートだけでも貼ろう貼ろうと思いつつ、それすらせずに早一年。

既にDVDも出ているので詳細はそちらを見て頂くとして、とにかくセットリストとツイート、それに今でも思い出せる感想だけ貼っておく。


一年経っても覚えているハイライト

全体通して

  • KAMIJOのこれまでのキャリアをまとめて体験できる、めちゃくちゃ濃密なライヴだった
  • LAREINEやNEW SODMYといった過去バンドが一夜限り(たぶん)の復活をしているのに、過去のバンドや曲というかんじがあまりせず、あくまで今のバンド、今の音楽のように感じられたのが不思議だった
  • これぞまさに時の破壊!
  • これだけ演奏メンバーが変わる、結構な規模の対バンイベントのようなライヴなのに、転換の時間がほとんどなく、全く中だるみしなかった
  • 全てがひと続きで、ちゃんと一つのストーリーになってて感動。この構成と運営はすごい
  • こんなにも大きなスケールの一大エンターテインメントを仕切ったKAMIOはすごい
  • KAMIJOは歌を歌うより、楽曲やアーティストの世界観構築とか、ライヴ演出とか、人のプロデュースとか、こういう仕事する方が向いてるんだよね、ほんとは
  • ライヴ前は、KAMIJO20周年ツアーファイナルと言いつつ、結局Versailles復活に全て持っていかれて、他は前座的になっちゃうんだろうなーと勝手に思っていたが、そんなことは一切なかった
  • ほんとに全てが主役、敢えていうなら過去・現在・未来のKAMIJOが主役だった
  • 全体の構成が素晴らしいだけでなく、各アーティストのセトリもそれぞれよかった
  • 久し振りの人達もブランクを感じさせない仕上がりで、復活イベントだから、というような甘えを感じさせなかった
  • このライヴが一万円強(私はグッズ付き前方席のチケットを買ったから。ただの指定席ならたしか7000円弱だった)で体験できるとか、なんかおかしい


KAMIJOソロについて

  • KAMIJOは出ずっぱりで曲数が多く、休憩もほぼなしなのに、最後までちゃんと歌えていた
  • こんな大イベントの中、KAMIJOソロも一切手抜きのないライヴでよかった
  • Symphony of the Vampireの第一楽章〜第七楽章まで切れ目なく続けてやるセトリ、2014年末の主催イベント以来一年ぶりに観たんだけど、あのときは歌が残念だったので今回また体験できてとてもよかった
  • New sodmyを挟んでの再度のKAMIJOソロのセトリも、私の好きな曲2曲と、今のソロならではの曲(Versailles向きではない曲)2曲でバランスがよかった


NEW SODMYについて

  • New sodmyは曲もメンバーも全く知らなくて初見だった。結構今風でおしゃれだなあという印象
  • AYA(BLue-Bの綾のとき人気だったよね)が今でも普通にかっこいい


LAREINEについて

  • LAREINEは中学生だか高校生のときぶりに観て、別にファンじゃなかったし特に思い入れも何もなかったんだけど、いざ15年とかぶりに観たら昔のことを色々思い出した。懐かしい
  • 一曲目のリリーシャルロット(別に好きな曲ではない)の開始でもう叫ぶ。私は好きじゃないけど、でもこれぞLAREINEよね!
  • メルヘンで過剰にロマンチックで、あくまでキャッチー
  • MACHIが美しくてびっくり。長らく表舞台に立っていなかったはずだが、ブランクを全く感じさせない佇まい!一般人ではない感がすごい。雰囲気あるなー。MACHIというより、MACHI様ってかんじ。未だに。
  • それに比べてしまうとMAYUは頑張った感が出ていたが、予想していたよりはちゃんと今っぽくなってた。でも厳密には今じゃなく10年前っぽい。地下線っぽさがあった
  • EMIRUも頑張ってえみるんるんやってたけど、彼については予想通りのビジュアルだった
  • 冬東京を聴けなかったのは残念だったけど、至上の名曲メタモルフォーゼを聴けて最高でした


Versaillesについて

  • KAMIJOソロのサポートメンバー4人がVersailles曲であるゴッパレを演奏している最中に演奏メンバーが入れ替わり、途中からYUKIとMASASHIが演奏し始めるという演出にはびっくりした
  • 曲の途中でリズム隊が変わるってすごくないか
  • その後、ゴッパレラストで花道の先端部からHIZAKIとTERUが飛び出してきたのにはさらにびっくりした
  • 復活の儀式前に、ゴッパレ、アセンデッド、アリストとVersailles曲を3曲やったけど、どれもKAMIJO+Versaillesメンバー2人だけ+サポートメンバー2人、という構成で、やきもき感がありつつも貴重な絵でよかった
  • 私やっぱりYUKIのドラムが好き
  • 久し振りに見たHIZAKIは、ツイッターの自撮りで見るよりずっと華があって美しくて、ちゃんと女形していた。そして終始、決意に満ちた顔つきをしていた
  • 満を持してのVersailles復活の儀式は、メンバーが一人一人、花道にある台に薔薇を置いていくだけなんだけど、感慨深かった
  • スマホ構えつつ(このときだけ撮影可だった)、目の前のメンバー見つつ、なんか震えがきたわ
  • そしてレベナントだけはVersaillesのメンバー5人全員で演奏。Versaillesメンバー全員での演奏をこれ以上観たければ来年のライヴに来いということですね、はい行きます


最後の締めについて

  • ライヴのラストをVersailles復活にせず、敢えてまたソロ曲を2曲持ってきたのもめちゃくちゃよかった
  • この世で一番美しい薔薇よという、バンドであるVersaillesではなくあくまでソロならではの曲をここで入れるセンス、そしてこんなに長いライヴの終盤であるにもかかわらず歌い切ったKAMIJOはえらい
  • 最後の最後がRoyal Bloodなのもよかった。合唱曲だからというのもあるけど、これはKAMIJOの過去と現在と未来に向けられた祝福の歌なのだ
  • 私はVersaillesファンなので、さっきのVersailles復活でついつい全てを持って行かれそうになったが、元はといえばこのライヴはKAMIJOソロのツアーファイナルだもんね
  • ステージの真ん中に立つKAMIJOの両脇をHIZAKIとMACHIが挟み、その後花道を今日の出演メンバー全員が2人ずつ歩いてくるときもHIZAKIとMACHIがペア、というのがめちゃくちゃいい絵だった。赤の女王が2人!
  • 出演者の並び順一つとっても、とにかく細部まで考え抜かれて構成されたいいライヴでした
  • 最高のお祭りをありがとうKAMIJO!



セットリスト

KAMIJOソロ

Vive le Roi
Presto
Sacrifice of Allegro
Royal Tercet
Dying-Table
Sonata
満月のアダージョ
Throne

NEW SODMY

Phantom
Audrey
Cat Walk

KAMIJOソロ

BASTILLE
サンクチュアリ
闇夜のライオン
Romantique

LAREINE

LILLIE CHARLOTTE
フィエルテの海と共に消ゆ
フィアンサーユ
メタモルフォーゼ
再会の花

KAMIJO+Versaillesメンバー

God Palace
ASCENDEAD MASTER
Aristocrat’s Symphony
Prelude
The Revenant Choir

KAMIJOソロ

この世で一番美しい薔薇よ
Royal Blood



感想ツイート

ライヴ前




ライヴ後
























とにかくとにかくいいライヴでした。っていうか、ひたすらにKAMIJOがすごかった。彼の本気を見た。

Versaillesもまさかの大復活をしてくれて、私はほんとうに嬉しいです。本格的な活動再開が楽しみ!


f:id:rose_s:20170112230828j:plain:w180 f:id:rose_s:20170112230839j:plain:w180 f:id:rose_s:20170112230844j:plain:w180