読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トムフォード・アイカラークォード 01 / 02 / 03 / 13

トムフォードの4色入りアイシャドウパレット、アイカラークォード。

春に初めて13(オーキッドへイズ)を買ってから、あまりに気に入りすぎてすぐに他の色も買うようになり、夏までの数か月間で結局4個揃えた。
f:id:rose_s:20151203221611j:plain:w300

これを買ってからというもの、アイシャドウは平日も土日も、毎日ほんとにトムフォードばっか使うようになった。

春まではジルスチュアート(粉がやたらとしっとりしていて、べったりのるところが好き)とルナソル(別に好きではないが無難なので手に取ってしまいやすい)ばかり使っていた気がするが、春以降はひたすらトムフォード。夏が過ぎて秋になって冬に差しかかった今でも、ほぼ毎日トムフォード

もはや、他のブランドのアイシャドウを欲しいと思わなくなってきている。それほど気に入った!


4個買ったけど、どのパレットも色の組み合わせがよいのはもちろんのこと、入っている4色全ての機能のデザインがとにかく絶妙なのがすごい。同じシリーズのパレットだからといって、左上はラメで一律こんなかんじの光り方、右下は締め色で一律こんなかんじの発色、という単純な構成になっているのではなく、パレット1個ごとにその色バランスに合わせて、各色の光り方、発色、肌へののり方が調整されている。

まあ価格も価格だし、ここまでなら普通だが、その調整具合がめっっっちゃくちゃ厳密!ここがこのアイシャドウのすごさ。全ての色が、絶妙に正しい光り方と発色で肌にのる。コスメ使ってて、ここまで徹底的な「正しさ」を感じることってそうそうない。これ、技術的にすごいのはもちろんだけど、技術に落とす前の設計段階の時点で既にすごい。センスよすぎだし、あまりにもいいものづくりをしすぎである。


と、同じ趣旨の褒め言葉を、最初に買ったオーキッドヘイズ(13)の記事に半年前の時点で既に書いているのだが、他の3色を買ってもその印象が全く変わらないどころか、買った4色全てがドンピシャなつくりだったのでさらにびっくりした。すごいよこのパレット。ハズれない。

とにかく一度カウンターに行って自分で試してみて下さい。BAさんにタッチアップを頼むと、もちろんプロで技術も知識もあるから、どのブランドであってもそのブランドの道具と技術と経験を合わせてそれなりの仕上がりにしてくれちゃう。まあそれがカウンターのBAさん達の仕事なので当たり前なんだけど、ただトムフォードは、私のような技術もセンスもない素人がなんにも考えずに、パレット付属のチップとブラシを使って、別に整ってもいない顔に使っただけでバランスよく仕上がる!そこがすごいの。なので、まずは自分で試してみることをおすすめします。私はこのアイシャドウのおかげで、メイクがちょっと楽しくなった。


以下は各色の簡単な紹介。

  • ゴールデンミンク(01)

f:id:rose_s:20151203221725j:plain:w300
3個目に買った。パールベージュとなじみのいいブラウンの締め色、そしてラメが2色。

人気色らしいが、私としては一番使う頻度が低い。悪いわけじゃないけど無難すぎるー。この色合わせを買うなら、別にトムフォードじゃなくてもいい気がする、と言いつつ使うけど。

左上のラメと右下のブラウンは汎用性が高いので、トムフォードの他のパレットや、他のブランドのアイシャドウと合わせて使うことも多い。特に左上のラメは肌にのせてしまえばほぼ無色なので、なんのアイシャドウにでも合う。


  • コニャックセーブル(02)

f:id:rose_s:20151203221748j:plain:w300
初めて買ったオーキッドヘイズ(写真右)に感動し、すぐさま買った2個目(写真左)。黄みの強いパールベージュ、赤みブラウン、同じく赤みブラウンのラメ、そしてややグレーがかった締め色の、赤みブラウン系パレット。

この夏はほんっとにこればっかり使ってた!私が元々赤みブラウン大好きで、特に夏は赤みブラウン、冬は黄みブラウンを使うのが好きだっていうのももちろんあるんだけど、とにかく気に入りまくってしまい、しばらく他のアイシャドウを使わなくなってしまった。それくらいドハマりしたパレット。

とにかく左下のメイン色が好みド真ん中、右上のラメの色と光り方が好き、そして一見薄付きすぎるように思える右下の締め色、この色合いと発色が絶妙。私は締め色がっつりが好きなので。最初はつきが弱いなあと思ったけど、この締め色だけがほんのちょっと青み寄りで、しかもつきすぎないからこそまとまるんだなー。

ブラウン系のパレットを買うなら01よりも02の方が見た目に反して使いやすいのではないかと思う。1色1色も使いやすいけど、4色合わせても意外にくどくならない。4色とか5色入りのアイシャドウコンパクトを買っても、一度に全色使うことって私はほとんどないんだけど、このコニャックセーブルに関しては一度に全色使うこともできる。しかも使い方とのせ方によって、ばっちりメイクにも薄メイクにもどちらにでも活かせるのがいい!赤み系好きの人にはとてもおすすめです。


  • ココアミラージュ(03)

f:id:rose_s:20151203221811j:plain:w300
夏に買ったものの、この夏は大規模に体調を崩しており、途中自分で買ったものを開封する気力もなかったりして、ちゃんと使うようになったのは秋。いざ使い始めたら、今度はこればっかり使うようになり、毎朝の定番シャドウがコニャックセーブルからココアミラージュへと変わった。

これはコニャックセーブルほど赤くなく、割とニュートラルめなブラウンだけど、左下の色のみ赤みが入ってるので、合わせ方次第で赤みに寄せることも可能。

そして何より、左下以外はパール入りじゃない!ラメもパールもなし。そこがコニャックセーブルとは大きく違うところだけど、秋冬にはこのくらいの方がちょうどいい気がする。ここまでパールなしのアイシャドウにハマったのは久々、いや初めてかもしれない。歳を取ると趣味も変わる、まあ顔が変わるし似合うものも変わってくるのだなあ。


  • オーキッドヘイズ(13)

f:id:rose_s:20150606215321j:plain:w300
最初に買ったこの色に関しては、以前別記事に書いた。
poison.hateblo.jp

買った4色中、唯一ブラウン系じゃないパレットだけど、右下の紫と素直に合わせる使い方の他、左下のピンクベージュに他のパレットからブラウンを持ってきて結局ブラウン系にして使うことも多い。このパレットはどう合わせても、やたらと上品な色合いになるのがすごい(ただし顔が顔なので顔立ちが上品になるわけではないが)。



4色買ってかなり気が済んだので、今のところさらに買い足す予定はなし。もし買い足すなら3Aのヌードディップなんだけど、今すぐカウンターに行かねば!っていうかんじではない。

ひとまず、春から夏にかけて猛烈な勢いで買い揃えたこの4色をしばらく使おうと思っております。

広告を非表示にする