ベストコスメ2019

今年は買ったコスメについてよくブログに書いた年だったので、まとめを兼ねてベスコス2019をやる。

2019年に買ったコスメのうち、使ってとてもよかったものを、よかった順に3つだけ挙げます。各コスメについての細かい内容は各記事を読んで下さい。
 

2019年ベストコスメ

第1位

アンプリチュード ロングラスティングリキッドファンデーション 00

f:id:rose_s:20191226105748j:plain:w350
今年最も感動して愛用したコスメ。今年買った全てのコスメの中で、このアンプリチュードのリキッドファンデが圧倒的に一番よかった。

とにかくとにかく色みがよい。買った00はカラーレスタイプなのでカバー力はないとBAさんには言われたが、私からすると十分カバー力があって、ごく少量をブラシで薄塗りするだけで頬の赤みが自然に補正される。そして黄色くならない。塗りたても、時間が経っても全く黄ぐすみしないので、いつも顔色悪い系の肌色の人におすすめ。

ファンデと一緒に、クリアカバーリキッドベースとフィニッシュルースパウダー 01もアンプリチュードで買ったけれど、下地だけ、ファンデだけ、お粉だけをそれぞれ他の製品に変えてみるなど組み合わせを色々試してみた結果、ベースよりもお粉よりも、やっぱりこのファンデが優秀だという結論に至った。夏に購入してからまだ半分も減っていないけれど、次もきっとこれを買います。他のファンデを探す気が起こらない、ベタ惚れ。
 

第2位

ADDICTION ザ アイシャドウ 136(Black Rose)

f:id:rose_s:20191226105755j:plain:w350
今年一番よく使ったアイシャドウがこれ。今年頭のアディクションの、Fake Romanceという最高な名前のコレクションの中の、これまた最高な色番名の単色アイシャドウ。ヴィジュアル系なの?

赤みのある紫だけど、私が塗ると見た目以上にブラウン寄りになる。肌の影色と同化してどう使ってもなじむので、とにかく使いやすいし好きな色。ブラシでうっすら広めに塗ってベースにするもよし、二重幅中心に重ね塗りして紫を強調するもよし、ベージュやピンクをベースにしてこれを薄めのぼんやり締め色としてキワに使うもよし。

今年はこのアイシャドウの購入を機に、ここ最近あまりしていなかった紫アイメイクにはまって、基本のアイメイクがすっかりブラウンベースから紫ベースに変わった。目元の紫を活かすために、顔の赤みを抑える必要が出てきて長らく振りにファンデも塗り始めた。このアイシャドウは限定品なのでもう買えないが、まあまだしばらくは使えるのであまり心配していない。
 

第3位

SHISEIDOメーキャップ カジャルインクアーティスト 05(Plum Blossom

f:id:rose_s:20191226105803j:plain:w350
今年一番使ったアイライナー。

紫アイメイクマイブームの中、締まりすぎない締め色用途で買った紫ペンシル。アイライナーとアイシャドウの間のような製品で、色みや明るさがちょうどよく、描きやすくて、下まつげのキワに引いても夜までにじまず目元に紫みがしっかり残るので便利。こういう、やわらか太め芯のカラーペンシルってこれまでほとんど手をつけてなかったんだけど、これですっかりよさを知って、その後ヴィセのブラウンペンシル(未記事化)も買ってみたりした。

2018年のブランドリニューアル後の資生堂めちゃくちゃ愛用しているヴィジョナリージェルリップスティックにしてもそうだけど、見た目がスタイリッシュで中身はとことん機能的で、ほんとうにかっこいい。
 



今年はとにかく紫アイメイクにはまった年だった。昔はよく使っていたけれど、ここ最近遠ざかっていた紫にやっと原点回帰したかんじ、やっぱ好きな色だし顔も落ち着く。そしてその流れで肌色に合った色みのアンプリチュードの00に出会えたことで、ファンデを塗る意味をやっと実感することができた。来年も紫ブームはまだまだ続きそう。

今はリップ欲は落ち着いているし、アイシャドウも年末のアディクションコフレ2つの購入で結構お腹いっぱい。今欲しいものは、今使っているファイバーウィッグのナチュラルブラウンよりも赤み寄りで、でも赤すぎない自然な色みのブラウンマスカラくらい。

今年買ったけれどブログに書いていないコスメもまだ色々とあるので、順次記録に残していきたい。


追記

週刊はてなブログに載せて頂きました。