インフィニティ・アドバンストモイスチュアコンセントレートローション

コーセーのインフィニティの化粧水の、ハーフサイズ現品プレゼントキャンペーンに当選した。

コーセーのメルマガだかなにかで見つけてクラブコーセーから応募して、その後すっかり忘れていたが、メールで当選のお知らせが届いて思い出した。さっそく、展示会帰りに店舗に寄って引き取ってきました。

引き換えにあたって、カウンセリングと個人情報提供が必要ということだったけれど、個人情報を書いて、今しているスキンケアの流れを聞かれた後、BAさんが5分から10分くらいで簡単に肌診断をしてくれて製品の使い方を教えてくれて、それで終了。もっと営業されるのかと思っていたけれど、それらしきものは全くなく、当選した化粧水と、美容液のミニサンプルをもらっただけで特に何も買わずに帰ってきた。

なお、おそらく初めてコーセーの肌診断を受けたけれど、水分も油分も全然足りてないという結果で、お手入れ頑張りましょうと言われた。私は元々アトピーで、乾燥性敏感肌なのでこの手の診断でよい結果が出た試しがない。

これまでのスキンケアプロセス

もらった化粧水の話をする前に、まず使い方のプロセスの話をしたいのだが、普段私は化粧水を一切使っていない。これを人に言うと、驚かれるどころか呆れられることが多い。

洗顔後もしくは入浴後、いつも天然水(飲料用にペットボトルで大量購入している普通の水、もっと言うならサントリーの天然水)を、普通のティッシュを折りたたんだものに大量にスプレーして、まずこれで顔を拭く。それから2枚目の折り畳んだティッシュにまた大量に水をスプレーしてパッティング、さらに、別の複数枚のティッシュに水をスプレーして顔全体に貼り付けてそのままパック、2、3分おいてパックを終えた後に(この間にボディケアをする)、再度、複数回水を顔になじませてから保湿美容液を塗る、という謎のプロセスでスキンケア最初の保湿を行っている。

私は皮膚の専門家でも医学の専門家でもないが、素人として未だにどうしても化粧水が必要な原理がよく理解できないのと、今のプロセスで行う保湿に特に不満がないので、このような流れに落ち着いている。

肌の最表面がそれなりの量の水分で満たされていればその後の保湿は進むはずで、その用途ではわざわざ水以外の成分が入った化粧水を使う必要を感じない。洗顔後、顔の水分をタオルで拭き取った後の乾いた状態の肌にいきなり保湿美容液を塗っても効果が薄いであろうことは理解できるが、その前段階ではある程度親水系でさえあれば、化粧水でなくてただの水の使用でもいいように思ってしまう。

化粧水の中に含まれている保湿成分は極めて微量なので、だったらただの水で最表面を満たしてから保湿美容液を塗ればいい、というように考えている。何より、水ならば肌刺激がないし、肌荒れもしないし。

ちなみになぜコットンでなくティッシュ使用なのかというと、コットンを使用するとどんなに多めの水分で濡らした状態でも肌に摩擦刺激があるから。ついでに言うと、普通のグレードのティッシュをこの用途に使う場合はクリネックスよりもスコッティの方が断然肌摩擦が少なくて適している。スコッティ、ごく稀に外れロットを引くこともあるけど。


今回もらった化粧水と美容液、その使用プロセス

製品の話に戻ると、今回もらったハーフサイズの化粧水と、ミニサンプルをもらった美容液は下の通り。

アドバンストモイスチュアコンセントレートローション

アドバンストモイスチュアコンセントレート

洗顔後すぐに美容液を使って、その後に化粧水、乳液の流れ。

上で長々と書いたように、いつも私は化粧水は使わずに、単に洗顔直後の顔の最表面を水で満たすためだけに天然水を使ってその後に保湿美容液を使っているので、今回まずはこの部分をもらった化粧水で置き換えてみている。

天然水でパックするところまではこれまで通りやって、その後、普段なら天然水→保湿美容液→美白美容液…と続けているところを、化粧水→美白美容液…に変更。

使用初期時点での感想

美容液は2回分のサンプルしか使用していないので、正直その効果はよくわからなかった。BAさんにはこれを使ったときと使ってないときで化粧水の浸透が違うんですと言われたが、2回の使用では特に差を感じなかった。

まあ、少なくとも肌荒れはしなかった。以前、美的だかVOCEだかの付録でついてきたONE BY KOSEのサンプルを使ったらめっちゃアルコールがきつくて、世の人たちはこんな強いものを毎日使えるほど肌が強いのか…と驚いたけれど、今回のインフィニティ製品はアルコールをそこまで強く感じなかった。

化粧水も同様で、そんなにアルコールがきつくないし、今のところ特に肌荒れしていない。保湿され度合いも、水→保湿美容液と使っていたこれまでと、この化粧水一本を使っている今とで特に変わらない。これまでと比べて、顔が乾くこともないが、特にうるおっている感もない。短期的な保湿以外の効果については長く使ってみないとわからないと思うので、現時点では保留。

あと、美容液も化粧水も高い化粧品の香り(抽象的)がする。普段は無香料のものしか使ってないので、肝心のスキンケア効果よりも、こんなサブ部分で感動があった。


他、所感

先日まで、人生に数回しかないレベルの大事なイベントがあり、極力肌トラブルを起こしたくなかったのでスキンケアものはいつも使っているものから一切変えないようにしていた。そのイベントが終わってから、もう肌荒れしてもいいやと思ってこの化粧水を使い始めたのだが、最初から特に刺激もなく肌荒れもなく進んでいて、ある意味拍子抜けしている。

10代や20代前半の頃は、普通の化粧水を使うと大体肌が荒れてしまい、使えるものといったら資生堂の肌水くらいしかなかった。それだったら化粧水じゃなくてただの水+保湿美容液の組み合わせの方が刺激がなくていいわという流れで今のスキンケアプロセスに落ち着いて、それから10年近くが経過したのだが、いつの間に私の肌はあの頃より少しは強くなり、今回のような普通の市販の化粧水も使えるようになっていた。実験で、有機溶媒のフュームを浴びなくなったのが肌荒れ改善には一番大きかった気がする。

まあ、そのアイテムが使えるようになったからといって、じゃあ使った方がいいのかというのはまた別の問題なので、これをいい機会にとにかく一本化粧水を使い切ってみます。