DIR EN GREY・TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 追加公演 @ Zepp Tokyo

DIR EN GREYの2016年VULGARツアー3本目、追加公演のZepp Tokyoのライヴメモです。
f:id:rose_s:20170904082200j:plain:w250 f:id:rose_s:20170904082209j:plain:w250
f:id:rose_s:20170904082216j:plain:w250 f:id:rose_s:20170904082221j:plain:w250

ツアー初日から2days行った、Zepp Nagoya公演の過去記事はこちら。


目次


Zepp TokyoでのVULGARライヴへの謎の思い入れ

上にリンクを貼ったように、新木場を避けてわざわざ名古屋まで遠征したVULGARツアーでしたが、後から追加公演が発表され、しかも会場がZepp Tokyoだというので、チケットを取ってもう一回観ることにした。

というのも、私はどうしてもこのVULGARツアーを東京のゼップで観たかったから。

ツイッターでもブログでももう何度も何度も書いてるけど、2014年のGAUZEツアーで8年ぶりにディルのライヴに返り咲いた私が、ツアーで初披露された新曲(Chain repulsion)を聴いて最初に連想したのが「2014年のZepp Tokyoでのライヴの光景」だった。
VULGARとWithering to death.の間のあのツアーの雰囲気、特に2004年8月のKEEN UNDER THE SUNツアーファイナル@Zepp Tokyoのライヴでの記憶。1999年のGAUZEツアーを懐かしむつもりで行ったライヴで急にその5年後のことを思い出すことになって一瞬混乱したほど、あの日の名古屋のステージは2014年へのタイムスリップ感があった。

そしてそのイメージは、その後発売されたARCHEを聴いてますます強くなり、もはやARCHEの収録曲を聴くたびに、10年以上前のあの暑い夏の日のお台場での自分の視界が頭に浮かんでくるほど。


そんな中で追加発表されたこのZepp Tokyo公演。VULGAR曲をまとめてZeppで聴ける機会はこれを逃したらたぶん一生ないだろう。Witheringツアーはいずれやるんだろうけど、新木場が好きなディルのことだからZepp Tokyo公演が来るという保証はない。(実際、2017年のウィザツアーでは追加公演としてZepp Tokyo公演があったが、仕事で行けなさそう。2016年のこのときにVULGARをゼップで観ておいてほんとうによかった…)

というわけで、今回は平日だろうがなんだろうが行かねばならない。そしてZepp TokyoでのVULGARを見納めねばならない。


…という、他人にはあまり理解されないと思われる超個人的な思い出のために異常な思い入れを持って臨んだ最後のVULGARライヴ@ゼップでしたが、よかったです。楽しかった。

しかし一年以上経ってしまった今となっては、同じツアー内の名古屋公演2daysとの違いについて細かい点を全く覚えていないので、セトリとツイートだけメモしておきます。各曲についての細かい話はほとんど名古屋のライヴレポに書いたし、ここでは書かない。

セットリスト

Audience killer loop
Marmalade Chainsaw
Drain away
砂上の唄
Amber
Un deux
輪郭
Increase Blue
明日無き幸福、呼笑亡き明日
RED...[em]
お経
蝕紅
New age culture
R to the core
Sustain the untruth
The inferno

Obscure
詩踏み
Child prey
The IIID empire


ツイート

ライヴ前





ライヴ後












その他







その他

東京でのツアーファイナルの追加公演ということが関係しているのかなんなのか、この日はとてもまとまったライヴでした。メンバーも、いつぞやのGAUZEツアーで見られたような投げやり感は一切なく、それなりに楽しめているように見えたし、それを見て私も楽しめた。

で、上でツイートしてるけど、この日のライヴ中は、自分が高校生のときのことや学部生のときのことをめっちゃ思い出した。

この一連の回顧ツアーに参加するまで、自分の中で一番思い出深いツアーはGAUZEツアーだと思っていた。GAUZEツアーは遠征もしなかったし関東公演しか観てないけど、当時私は中学生で、バンドの時期的にも自分の年齢的にも一番ディル馬鹿で、素直にバンドが大好きで、ほんとにライヴを楽しみに日々を生きていた。あのGAUZEツアーよりも、バンドへの熱も落ち着いた数年後のVULGARツアーの方が思い出深かったとは、自分でも意外だった。まあ、後から思い出すことは、えてしてよい思い出ばかりだよね。

VULGARツアーの後、私は鬼葬ツアーを大宮で一本だけ観て、その後MACABREツアーを4本観て、どれもとても楽しかった。この後さらにWitheringツアーを観て終わりにする予定なのだが、DIR EN GREYの回顧ツアー全ての記事を書き終えるのは一体何年後になるのだろうか。

過去記事