Versailles・World tour "Holy Grail" 2011 〜Japan〜 @HEAVEN'S ROCKさいたま新都心

はい関東二日目。さいたま。


またもや遠足してきました。埼京線の旅。
昨日同様、行きの電車で爆睡。
今日は昨日より整番悪くて100番台だったので、開演直前を狙って行ったんだけど
着いたらまだ入場してなくて、結局整番通りに入った。
らば、ちょう狭い!
初めていく会場で、事前に駅からの道を見るためgoogleストリートビューで見たときに
あまりの建物の狭さに嫌な予感はしていたのだが、的中。
今ツアー、さいたまだけはソールドアウトしてるのに
このあとさらに200人以上もどうやったら入るんですか…?ってかんじで、
混むライヴのときに前に行って潰れたくない私は後ろの方に陣取ろうとしたのだが
「まだ入れないお客様がいらっしゃいますー」連呼のスタッフによって
ひたすら前へ前へと押され、
これはいかんなー整番通りに入場して失敗したと思って、途中でフロアを抜けて
二階のロッカー付近で時間潰したりして、しばらくしてから再度入場。
しかしそれでもまだ入りきっていなかったらしく、前へ前へと流され
開演前には10列目くらい、にしては、かなりステージに近い位置にいたと思われる。
なんだこの鹿鳴的な詰め方。
しかも鹿鳴と違ってスタッフが慣れてないから、人をうまーく詰められてない。


結局私は、開演後、客の流れがさらに前へ前へと動いていくたびに
その空きスペースをたどる形で徐々に後方へ下がり、
最後はかーなり後ろで見ていました。でもこれで正解だったと思う。
ライヴハウスでは、ちょっと下がっただけで意外と視界が開けることって多いし、
なんせ開演前からあれだけ押してる中、前で体力が持つ気がしなかった。



そんな今日のセトリとハイライト。

SE
Prelude
God Palace
ASCENDEAD MASTER
Judicial Noir
LIBIDO
GLOWING BUTTERFLY
DESTINY -The Lovers-
Love will be born again
Faith & Decision
MASQUERADE
Vampire
DRY ICE SCREAM!!
Sympathia
Aristocrat's Symphony


Remember Forever
Philia
The Red Carpet Day


The Revenant Choir

・今日の歌は素晴らしかった!KAMIJOの本気を見た。
 KAMIJO、やれんじゃん…!
 去年の渋公以来の感動でした。今日はかみじょになんかついてたぞ
・そしてセトリも個人的に素晴らしかった。なにこの豪華セトリ!
 こんなん地方のハコ公演でやっていいんすか。
・こういう風に毎回のライヴに波があるからこそ、
 同じツアー内でも複数回ライヴ観るのはやめられないんだよなーとつくづく
・KAMIJOとHIZAKIのヘアメイクがいつもと大幅に違って楽しめた


  • SE

同じSEとKAMIJOのセリフからスタート。
今日は聴き取ろうと頑張ってみたが
「我らは 薔薇の末裔」
「永久(とこしえ、と読む…)の闇と〜なんちゃらかんちゃら」
「我らは、薔薇の〜なんたらかんたら」
…やっぱ聞き取れない。SE音大きすぎるよ。

  • Prelude

HIZAKIが魔女化していた!
目の周りに赤系のラインストーンたくさん貼って、
いつもよりライン重視のキリッとしたアイメイクで、
リップもいつもより赤めで、魔女風!
後ろにいたので、アイシャドウとかつけままではよく見えなかったけど
(まぶたも赤く見えた気もする。シャドウかつけまも赤かった??)、
なんつーかJasmineさん系だった。
だけど縦ロールのツインテールにティアラ乗せてて、不思議なかんじでした。
そしてKAMIJOがサイヤ人化していた!
髪が全部上に上がってました。初めて見たー。
こういう髪型すると面長が際立つなあ。いつも横に広げてるもんね。
あとカラコンしてなかったように見えた。
してなかったのか、黒とか茶コンだったのか判別できなかったけど
少なくとも、いつもの青とか緑ではなかった!なんか新鮮だったなあ。

  • God Palace

そして一曲目、まさかのゴッパレ!
入りのシンセ聞いた途端、びっっっくりして、後ろ下がってたのに一瞬前のめった。
だってHoly Grailツアー、しかもライヴハウスで、ゴッパレって!!
私この曲大好きなので、いやもうほんっとに大大大好きなので
最初の一瞬で、もう曲始まる前から「埼玉まで来てよかった…!」って
今日のライヴを総括した。
いやー、いやはやいやはや
久々のGod Palace、よかったです。
一曲目だから、最初はKAMIJOが本調子じゃなかったんだけどね。
イントロ〜Aメロのド迫力は相変わらず、
雰囲気ぶち壊さないちょうどいい目立ち具合・短さのギターソロもよく、
「美しく」×3、時の三回転も久し振りに見られたし、その後の横乗りも楽しかった。
そして最後の苦悩のソロパート、
一呼吸置いてから、KAMIJOほぼ完璧にキメたからね!
すごーーー!(期待してなかっただけに、感動)
一曲目にしてこの集中力!すごい!よくやった!
いやーありがとう。いいゴッパレをありがとう。また是非やってね!

  • ASCENDEAD MASTER

引き続きましてASCENDEAD。
なんかまさにJUBILEEツアーのセトリじゃないですか!
あまりの懐かしさに、去年このツアー何本見たんだっけーとか
色々思い出してたら終わっていた。
今日もKAMIJOのフリにはキレがなかった。

昨日同様、無難。

  • LIBIDO

今日もLIBIDOきたーー
アルバム曲じゃないのに定番化してるの、すごいね。
おてるのベタなキャッチー曲は、ライヴ前半で盛り上げるのに使いやすい印象。
今日もKAMIJOの踊りは中途半端で残念であった。
そういえばワイプ手振りっていつの間におてるのギターソロ部だけになったの?

  • GLOWING BUTTERFLY

LIBIDO同様、DESTINYカップリングのこの曲。
DESTINYがあんま好きじゃなくて聴きまくりはしなかったので
ついでにこの曲までも私の中では影が薄いのだが、
生でやるこの曲は、実に映えるね。
KAMIJOの歌もすごくよく合ってるし。
Thanatos同様、地味曲だけど、ライヴで聴くのは好きかもー。いい。

  • DESTINY -The Lovers-

なんか、改めて、ものすんごい歌謡曲ぶっ放したな、ってかんじ…
KAMIJO、Holy Graiの衣装着てるのに、
この曲見てるとなぜだかあのDESTINY衣装のKAMIJOの姿が目に浮かぶ。
それくらい、去年の渋公でのこの曲(ていうかあの衣装)はインパクト大であった。
DESTINY衣装のKAMIJOというか、もはや白着物の美川憲一
それはそうと、この曲でも、冒頭のKAMIJOソロはとってもよかった。調子いい。
まあ、私はこの曲があんまり好きじゃないので正直一瞬テンション下がったが、
よく考えたら、Holy Grailツアーでは好きじゃない曲これくらいしかないかも。
JUBILEEツアー時は、PRINCE・PRINCESS・月下香・zombieと
個人的には「もういいよ」な曲が多く、しかもどれも人気のあるらしい定番曲だったので
ライヴ中よくだれていたことを思い出した。
今ツアーは、最初から最後まで割と集中して見てるよ。

  • Love will be born again

はい中盤。KAMIJOだけ残ってソロ。
またもや、調子いい…!かみじょー今日はやりよるな
今日は自らローズライトを点灯させ、左右に振って客の動きを誘導していた。
しかし私ローズライト多用するのはあんまり好きじゃないので
ソロのときくらい、静かに見させて欲しい…!
たしかによいグッズだと心から思うけど、ローズライトに頼っちゃだめよ。
せっかくのライヴがマンネリ化する。
今日は、いつになくローズライトしょっちゅう出してた気がするわー
DESTINYに続き、中盤のこの時点でもう二曲。

  • Faith & Decision

KAMIJO捌けた後、おてる含めて四人が出てきたので
昨日Desertやったから今日はSILENT KNIGHTかーとか
いや頭にゴッパレやったから、今日はサントラなしでこのままThresholdかなーとか
思ってたら、SEが。
「え、」って思ってたら、まさかまさかでここでFaith & Decision!
ハコでもやってるのは知ってたけど、ここで来るとは思わなかったー!
予想外だったので、序盤はあわあわしながら見てしまったが
前回よりよかった印象。まとまってたし、荒れなかったし、客にも浸透してたかと。


で、私、ライヴ中盤の楽器隊だけのこのパートが結構好きなので
今日ここにFaithが来ても、KAMIJOが再登場する前にもう満足しかけていたのだが
ここで、KAMIJOが大化けした!
これも予想外。
音源よりさらに気合いの入った、感情込めすぎ震えすぎな歌い方なのに
それでも音が乱れてない…!(走ってはいたけど。)
何かが取り憑いたかのようなKAMIJOの歌に呆気にとられて、
私、気がついたらお祈りポーズをしてました。PRINCESSイントロでもないのに。
そして最後の最後、渋公で私がキレそうになった苦悩のソロ部分、
そこまでちゃんと、汚くなることなく、逃げることなく、真っ直ぐ歌い切った!
ひえーーー!
もう、私感動。
「かみじょー、やったね…!ついに、できたんだね…!よかったね…!」状態。
心の中で「すごいすごいすごい!」って10回は言った。
そして、私が一人で感動してる間に曲は終わっていた。
言うまでもないが、
私がボーカリストとしてKAMIJOに求めているレベルは、だいぶ、低い。

  • MASQUERADE

感動冷めやらぬまま大好きMASQUERADE。
FaithでのKAMIJOの頑張り振りに心をもってかれすぎて、覚えてない。

  • Vampire

これも覚えてない…
好きなKAMIJO曲二曲で記憶をぶっ飛ばすとは。

  • DRY ICE SCREAM!!

今日もちゃんと盛り上がった。
ヘドバン、手バン、折り畳み、手扇子とせわしなくて楽しい!
曲調は違うけど、明らかにバンギャのノリを前提にして作られてる
Lyricalの曲達を思い出しました。HIZAKIのサービス精神を感じる。
この調子なら、今Second Fearを復活させたら意外に盛り上がるのでは…!
(何度も言うが、私はあの曲が大大大好きなのに、
 フロアが盛り上がっているところを見たことがないままあっさりレギュラー落ちした)

  • Sympathia

このあたりでちゃんと我に返ったのだが
我に返っても、KAMIJOの歌声はよかった。
夢なのに、夢じゃなかったー!やったー
でも、Rememberという締め曲が出てきたとはいえ
やっぱりSympathiaは、やるなら本編よりもアンコールがいいなあ、ベタだけど。
本編で夢から醒めるの、勿体無い!!現実逃避に来てるんだよー

  • Aristocrat's Symphony

「関東のファイナルということで、ファイナルっぽく、
 いつもと違うかんじのセットリストにしてみました」
と言うKAMIJOに、
「ぎゃああーありがとうKAMIJOー素晴らしいセトリだったよーーー」と
勝手に「素晴らしいセトリ」を完結させていた私でしたが
「今日の舞踏会の最後に、この曲を用意しました」
とMCが続いたので、「もしや…」と息を飲んだらば
「世界を薔薇色に染め上げてみせましょう」
だとさ!
(MCの言葉は意訳です)
きたよ!アリスト!!
私の血圧は、しょっぱなのゴッパレ、中盤の見事なFaith、
でもって本編ラストのアリスト、ここでこの日三回目の極大値を取った。
本編なのに燃え尽きた。こんな素晴らしいセトリに出くわすとは!
やばい、珍しく来てみたさいたまでこんな大当たりを引いてしまうと、
他の地方ライヴも回りたくなってしまうではないか…!
(しかし、なんだかんだ言ってもひきこもりなので、基本、遠征はしない)



ここからアンコール。

  • Remember Forever

渋公と昨日の柏、今まで二回聴いて、
いずれも「KAMIJOの限界」を感じずにはいられなかったこの曲ですが
今日は私、完全に引き込まれてしまった。
まあ、セトリよかったし、KAMIJOがいつもよりよかったから、気分が高揚してて
単に雰囲気に飲まれて、よく聴こえただけ説もかなり有力ではあるのだが、
それにしても。今日のRememberはよかった。
KAMIJOが声を張り上げて、それでも上手い!って思ったのなんて
今日のこの曲が今までで初めてかも。
いつも、慎重に発声しないとロクな仕上がりにならないのがKAMIJOクオリティなのに
今日は、ラストで声枯れてたりしたけど、それでもすっごく響いたんだよねー
なんだったんだろう。やっぱ受け手(私)のテンションによるのかな…
とにかく感動した。
今日のKAMIJOの歌には私は100点を出す!!

  • Philia

今日も、よくわからない前節からPhiliaだった。
なんて言ってたかなー、「貫いていこうぜー(声ひっくり返りー)!」とかかな
渋公でも昨日もそんなこと言ってた気がするが、歌詞との関連性がわかりません
最近のVersaillesの歌詞は、初期よりもどんどん抽象的になってるので
雑誌などでのインタビューを読まない私は、ついていけてないことが多い。
ついていけてないけど、それはそれこれはこれで、この曲は好きよ!
メンバー全員がちゃんと映える。

  • The Red Carpet Day

一回目のアンコール、ラストはレッカペ。
後ろで見てたので逆ダイの波には乗らず、平和に見てました。
しかしほんと、何度聴いてもこの曲の間奏でのYUKIのドラムはいいんだよなー
アマゾンっぽい。ジャングルっぽい。そして血が騒ぐ。
おてるはこの曲を作曲したというだけで、エターナルメンバーである。



二回目のアンコール。

  • The Revenant Choir

昨日はアンコール一回で、コンパクトにまとめたライヴだったけど
今日は二回やってくれました。
しかしレッカペやって、幕閉じて、
「まだRevenantやってないから今日はもう一回アンコールあるな」
と、あの場にいた誰もがわかってしまう、この緊張感のなさ。
やっぱり、ラストのRevenantの呪縛からは未だに逃れられないね。
今日もグランドフィナーレって言ってました。
キラーチューンでもグランドフィナーレでもなんでもいいけど
やっぱこの曲は一曲目にして至上の名曲。バンドが五年目になっても未だにね。
Revenantをセトリから消すのは、Holy Grailツアーでも無理かもなー
となると、どこに彼らの進化を見ればいいのだろうか。



最後は、いっつも通りのメンバーコールと、手つなぎジャンプ、
ファンサービスで物ばら撒きまくって、握手しまくって終了。
私今日のラストはずーっと頭上でKAMIJOに拍手してたー
素晴らしいセトリと素晴らしい歌声、素晴らしい曲を聞かせてくれたからね。
ほんと大感謝。
「楽しかった!」というより「ありがとう!!」っていう気持ちの方が先行した、
これって去年の渋公か、一昨年の鹿鳴5daysファイナル時以来な気がする。


あとどうでもいいけど、手つなぎのとき、隣が男性だと
私が手を出したとき、結構びっくりされることが多いのだが
男性陣は、あれだけKAMIJOにしつこく促されてもあんまり手つながないのー?
私は隣が誰であれ、最後は楽しいので気にせず手つないじゃう!
それとも私みたいな怖い顔の女に手を出すのが嫌だからですかね!



あ、今日のMCは…
昨日は、結構MCの時間を長く取って、色々アドリブでも喋ってた印象だけど
今日は長いMCはほとんどなかった。
途中でMC噛んで、
「KAMIJOの『KAMI』は『噛み』だから…」
みたいなこと言ってましたが。たしかによく噛むよね!しかもキメるべきところで!
まあそんなとこが好きですけど。



いやー、よかったね。
よかった。実にいいライヴだった。
この先、私はVersaillesのライヴ予定が全くないので寂しい限りですが
地方でこれだけ出来るんだったら、ワールドツアー後の凱旋ライヴは
かーなりいいものが見られるのでは、と思わざるを得ない。
グランドファイナル、今度はきっとやってくれるだろうから
ファンとして、正しく期待しています。
都内のホール希望!
ホールで、是非ツアー初日のリベンジを果たして下さい。待ってます。

広告を非表示にする