Versailles Presents Tokyo Metropolis II in Shibuya O-EAST 2日目

でもって2日目ー。結局2日ともチケ取ったよ…


f:id:Rosesyrup:20080818034228j:image:w200

今日は、出演順に、Dali、chariots、Sugar、RENTRER EN SOI

摩天楼オペラVersaillesでした。

遅刻していったので、入ったらSugarが始まっていて

あぁあーおそらく二番目だったであろう摩天楼オペラ、見逃したーとショックだったけど

今日は二番目がchariotsだったらしい、ラッキー!

Sugarは初めて観たけど、前評判通り上手ギターに釘付けでした。面白い。

曲は、ジャズ的なまったり曲の方がこの人達には合ってるんじゃないかなーと

思ったけど、拳上げる系の曲もやってました。

ボーカルしょっぱなのMCから息切れ。演奏隊はうまい。

RENTRER EN SOIはあらゆる意味でディルのコピバンにしか見えず、好きでなかった。

やっぱ私は未だにディルが好きみたいです。


以下、摩天楼オペラをさらっとと、改名発表のあったVersaillesを詳しくレポ。



摩天楼オペラ

今日で観るの三回目。ツアーファイナルだったみたい。

かなりのファンがいて、正直びっくりした。こんなに人気なのね!

いつも通りのSEでメンバーが登場し、ライトもってボーカル登場。


セトリは

alcaloid showcase

EVE

plastic cell

sara

(ここかsara前に、バラード一曲あった気が)

忘却セルロイド

honey drop

曲名のわからない曲は…横浜で聴いたような聴いてないような。気のせいかなぁ。

バラードいいよねぇ。キーボードがいるから映えるよねぇ。

すごく声が綺麗で、特に高音が伸びるから、ピアノの音と合うんだよねぇ。

うーん、よい。やっぱり好きだこのバンド。

しかしやっぱり顔があまり好きになれないので、ライヴ中どこ観るかが定まらない。


途中のMCで、

苑「初めての全国ツアーということで、色々回ってきました。

  次は、全国ワンマンツアーを…」

客「きゃぁああー!」(歓声)

苑「…やれないので、やれるように、頑張ります」

とか言ってたのが面白かった。



Versailles

でもってVersaillesですよー

今日のセトリは

Prelude

Aristocrat's Symphony

Antique in the Future

Second Fear -Another Decendant-

SFORZANDO

zombie

After Cloudia

Sympathia

History of The Other Side


The Revenant Choir

で、やっぱりNOBLE縛りでした。

NOBLEをアルバムの曲順にやって、

途中にSFORZANDOとSympathiaを挟んだだけ。

今日は衣装もNOBLE仕様!こういう2daysも楽しいねぇ。


一曲目は昨日も今日もPreludeでしたが、

最後に登場したKAMIJOが、今日は「We are Versailles!!」のリズムに合わせて

人形のような謎のカクカク動きをしていて面白かった。

PreludeのときのKAMIJOは、地味に煽ったり、薄ら笑いしてるだけだったり、

毎回違うので何気に楽しみです。

そしてそのままお決まりの流れでAristocrat'sに入ったわけですが、

今日はイントロでKAMIJOがセンターから下手のJasmineさんの前くらいまで

びゅびゅーんとスライドしていって、

これまた謎の王子動き(なんかウケすぎて忘れたけど、ひざまずく系)を

HIZAKIに向かってやってたのに、

HIZAKIが完全無反応だったのがすごい面白かった。

なんなんだあれは。一人宝塚か。一人オスカルか。

今日はKAMIJOハイテンションだなー!と思ったけど、

ライヴ通して見てみると、別にそうでもなかったようです。


Antique in the FutureとSecond Fearはあっさり。

Second Fear大好きなんだけど、あんま盛り上がらなかったね…対バンだから?

ライヴでこそ聴きたい、テンション上がる曲だと思うんだけどなー

私TERU曲が結構好きみたい。

どっかで入ったMCで、

「2日間のTokyo Metropolis、今日のVersaillesで最後だ。

 力ためとく必要ないんだぜー!

 全力でー(どうのこうの)ー!!」

みたいに煽ってました。

KAMIJO、あんまり煽りうまくないな…ていうか似合わん。

やっぱクサいことと寒いことばっか言ってる方が、私は好き。

で、SFORZANDOの前には、KAMIJOの

「俺達の歌で抱きしめてやる」

といつもの寒いMCが出て、おぉおーと一人で興奮。

zombieの前には

「俺達と遊ぼう…!」

ってホラー映画的な声色で言ってたけど、

対バンで、他のバンドのファンはzombieが手拍子曲って知らないから

いまいちな反応。かみじょーかわいそうに。


次のAfter Cloudiaの前には

「あの空の向こう側へ皆で行こう」「翼になって~なんちゃら」

と、お決まりのMC。いつも同じこと言ってる気がするけど、覚えられん…

Aメロの「二人で歩いたつもりでいたのに」のとこで、

いつもKAMIJOがHIZAKIの右隣に行って肩を組むんだけど

それはお決まりの動きだからか、

そのときだけHIZAKIもギター弾きながらちゃんとKAMIJOの方見て寄り添うので

珍しくオスカル・マリーアントワネットの2ショットが見られる。

他は、HIZAKIは演奏に集中しててあんま他メンバーと絡まない。

今日のAristocrat'sみたいに、あれだけKAMIJOが大規模に動いても無視だし笑。

そういう意味でもこの曲好きだなぁ。今日もよかった。

その後、KAMIJOの

「もう一度、あの手は、掴めるか…」

という一人芝居的MCが入って、Sympathia。

このMCで初めて気がついたんだけど、

After Cloudia→Sympathiaって流れはいいね!

ちゃんと話繋がってるし。それで昨日はSynpathiaやらなかったのか。

昨日のForbidden Gate→Windressもいいと思ったけど、

こうやって見ると、やっぱLyrical SympathyとNOBLEちゃんと繋がってるね。

渋公でも、この曲達はこの流れで聴きたいなぁ。それくらいよかった。


本編最後は、History of The Other Side!

昨日、しょっぱなでThe Love from a Dead Orchestraやったから

今日はもしや…と思ってたけど、ほんとにやってくれた!

あぁー嬉しいー

この二曲は、8分半ばと9分半ばあって長編すぎるし、

渋公まで聴けないだろうと勝手に思ってたからほんとによかった。

まさかハコで聴けるとは…あぁ今日もチケ取ってよかった。

演奏も、安定しててかなりよかったです。歌もよかった。ノリにくいけど。

またホールでちゃんと聴きたい曲だね。渋公楽しみだー。

最後、KAMIJOが王子おじぎをして、ひざまずいたままフェードアウトして

幕が閉まって、本編終了。ホールっぽい終わり方。

NOBLEは、ホール向きのアルバムなんだなぁって、今日思った。

昨日のLyricalセトリはハコ向き。ライヴで聴くとわかるね。

ていうか…あれ?To The Chaos Insideはなんでやらないの?

こないだの横浜でもやらなかったし、どっかで演奏してるんだろうか。

ちなみにHistory of The Other Sideは、今日が初披露だったらしい。



でもって、重大告知ですよ。

ここは覚えてる限り詳細にレポりましょう。

横浜以来、アンコールが「We are Versailles!!」コールに統一されたので

今日も素直にVersaillesコールをしてメンバーを待つ客。

昨日より少し長い待ち時間の後、メンバー登場。

そしたらさ、KAMIJOがさ、半笑いで

K「そうだよね、俺達、Versailles、だよね。

  …しかし僕達は、バンド名を変えざるを得ない事態に、陥りました。」

客、ぽかーん。

K「理由を説明します。」

…えっまじでですか?ようやく焦る私。


K「アメリカに、もう一つ、Versaillesというアーティストがいます。

  それで…NOBLE発売後ぐらいだったかなぁ…

  Versaillesという名前を、アメリカで商標登録したとの通知が、

  弁護士を通して、送られてきました。

  それによって、僕達は、iTunesなどで、

  Versaillesという名前を使えなくなってしまいました」

ここでようやく客が騒ぎ出す。

K「悔しいよね…

  でも、だからといって、僕達は、

  『Versailles』という名前を簡単に捨てるわけにはいきません。

  そこで、『Versailles』の後に、なにかもう一つ、単語を加えて

  仮のバンド名を作り、一時的にそのバンド名で活動することにしました。

  その単語について、僕達も真剣に悩んでいます。」

あまりの展開に、またも客ぽかーん

K「…皆の力を、貸して欲しい。

  Versaillesは、バンド名を募集します」

客「えぇええー!」


私もびっくりしすぎてこの後KAMIJOがなに言ったか忘れた笑。

たしか、詳細は後々発表するとかそういうことだったような…

で、

K「皆がつけてくれた新しい仮のバンド名を背負って、

  僕達は、10月に、アメリカに行ってきます。

  そして、アメリカで成功して、

  何億円かかっても、今後必ずVersaillesという名前を買い取ってやる!!」

客「うぉおおー!」

私「(えぇえー、そういう展開かよ…!)」

K「俺達がVersaillesだ!偽者に騙されるな!!」

客「うぉおおー!!」

私「(えぇえー、やっぱりやばい展開…!)」


その後、アンコールのThe Revenant Choir。

あんな発表の後だったからか、

なんだか客の一体感もメンバーの気迫もものすごくて、

この曲ライヴで聴くの四回目だけど、今日が断トツで一番よかった。

終わった後、メンバーがステージ前方に来て手を出してファンサービス。

Jasmineチクビーム出しすぎ!

泣いてるファンが多かったからわざとやってたんだと思うけど、超笑った。

あと、今日はHIZAKIがニコニコ笑っていて、びっくりしたなぁ。

あんな笑ってるの見たの初めて。下手にもちゃんと来てくれた。

その後、KAMIJO、HIZAKI、Jasmine三人で横一列になって手をつないで、

明らかに他の二人が来るの待ってるのに、TERUとYUKIは下手でじゃれあってて

YUKIがTERUの頭どついたりしてて、それを他三人が笑顔で見てて

なんか微笑ましかったです。

最後に、KAMIJOが

「俺達がVersaillesだってこと、忘れないでくれよな。

 Tokyo Metropolis、皆さんのお陰でなんちゃら~

 どうもありがとうございました!」

みたいに言って、五人で小さくジャンプ。一緒に客もジャンプ。

終わった後またステージ際に来てくれて、それから五人とも笑顔で去っていった。



そんなわけで。

The Red Carpet Dayみたいな、わかりやすいノリ曲や

ヘドバン曲の少ないセトリのせいか、

客のノリはいまいちだったし、メンバーもどこか硬くて

昨日より演奏の粗も目立った気がしたけど、最後の締めはいいライヴでした。

楽しかった。毎回こうやって友好的に締めればいいのに。終わりは大事よ。

改名発表で、泣いてるファンもたくさんいたけど、泣いても仕方ない、

ていうか、怒るなら別のVersaillesにじゃなくてかみじょー側にだろ。うん。


私がライヴ後、友達が待ってるお店に合流すべく歩いてる間に思ったことは

KAMIJOは「一時的に~」「仮のバンド名を~」って強調してたけど

結局改名後の名前でずっと活動していくのは目に見えてるなーってことと

単語について悩んでるから募集するって言ってるけど、

もうメンバー内では決まってて、それと同じ案がファンから来たら

それを採用!ってするんだろうなーってことと、

ていうかかみじょー及びVersaillesのマネジメント陣、

海外進出考えてるんだったら最初から商標登録しとけよ、

こうなってしまってから、今更、何言っても遅いんだよ、ということでした。



うーむ。

ライヴ自体はよかったんだけどね。

どーなることやら、Versailles

改名についてはまた書きます。

広告を非表示にする