ヴィセリシェ アイブロウパウダー BR-4(ニュアンスパープル)

なんか下書きに入れたまましばらく放置してしまっていた。

ヴィセのアイブロウパウダー、9月に発売になった限定のニュアンスパープルを買いました。

ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-4(ニュアンスパープル)

9月16日に限定発売された、ヴィセの紫アイブロウパウダー。
f:id:rose_s:20211030092332j:plain:w350

紫系好きな私はSNSで初めて見たときから「これは買う」と決めていたので、あらかじめAmazonで予約しておいたらちゃんと発売日に届いた。

既存色のBR-3(ピンクブラウン)と比べると、こんなかんじ。左が今回買ったBR-4、右が元から持ってるBR-3。
f:id:rose_s:20211030092341j:plain:w350
BR-3は新発売時からほぼ毎日使っているので使用感がすごい。蓋が壊れてるし…付属のミニブラシは普段使ってないので捨てた。

ちなみに、この両端ブラシのふわっと側はロットばらつきが半端なく、BR-3を買ったときは割とふわふわの当たりを引いたので普通に使えていたけど、その後BR-2を買ったときには毛の先端がめっちゃチクチクして肌に刺さる大ハズレ品を引いてしまった。ブラシガチャ。今回はまだ使ってないけどどっちだったんでしょうか。


で、色ですけど、この画像では実際に見たときほどの色みの差が出てないなあ。現物は、BR-3はピンクブラウンというより赤茶で、BR-4は紫茶。真ん中の色は赤葡萄色ってかんじです。
f:id:rose_s:20211030094638j:plain:w350
どちらも一番上の一番濃い色は赤みや紫みがそんなに強くないブラウンなので、髪色や肌色をあまり問わずに使えると思う。2色の差もさほど大きくない。なので真ん中の色をどれだけ使うか次第で赤みや紫みを好きなだけ足せる仕様なんだけど、とはいえこの真ん中の色も昔のヴィセのカラーリングアイブロウパウダー時代の差し色と比べれば大してビビッドではなく、結構ななじみ色なので使いやすい。

公式商品画像の色みはニュアンスとしてはたしかに近い、が現物ではBR-4はここまで青に寄ってない。もちろんBR-3よりは青み寄りではあるけど。

あと今回のBR-4では一番下のベージュにかなりキラキラのパールが入っている。「繊細パール」という触れ込みだったが、実際には「これはパールというよりラメでは?」ってくらい、結構チカチカ光る。

たしかにキラキラ眉はかわいいけど、別に眉を主張させたくなくて顔の中のラメはアイシャドウだけで十分です派の私にはこのラメは強すぎた。これ、最初は表面吹き付けなのかなと思っていたけど、購入後しばらく使ってもキラキラが消えないので、一番下までこのラメが入っているのだと思われる。BR-3含め、既存色の一番下の色もパール入りということになっているけど、これまでの一番下の色にはBR-4みたいなキラキラさは全くなかったので、全く別物ですね。


今のところの使い方と使ってみた結果

BR-3では一番下のベージュを色薄め用途で眉頭寄りによく使っていたのでかなり減っているが、今回のBR-4の一番下の色はラメがネックでほとんど使っていない。

まず一番上のブラウンで全体をざっくり描いてから、ペンシルで足りないところを細かく書き足して、最後にその日のアイメイクや服装や気分に応じて真ん中の紫をふわっと重ねて終わり。たまにアイブロウマスカラも足す。
f:id:rose_s:20211030092406j:plain:w350
世代的なものなのか単なる好みなのか、なぜか薄い色の眉にずっと憧れがあるので定期的にやりたくなるし実際にやってしまうのだが、私は顔自体が薄いので眉を薄くするとフレーム効果が薄れて全てがボケてしまうしあまり似合わない、そしてより老けて見える。なので普段はあんまり薄くせずにそこそこの濃さにしています。


この使い方で実際に使ってみると、最後に真ん中の紫を重ねても、元々私が期待していたほどのわかりやすい紫みは出ない。見た目ほどの青みが出ないというか。もうちょっと青紫感が出るのかと思っていたんだけど、肌の上では思いのほか赤みが強い紫になる。

それでも、ラベンダー系の薄い髪色にこのアイブロウを真ん中の紫メイン使用で合わせたら、私がめっちゃ好きなかんじの顔になりそうだなーと思うくらいの紫ニュアンスはたしかに出ていて、結構好きな色。まさにニュアンスパープル。私の肌の上では、現行品色違いのBR-3(ピンクブラウン)はレッドブラウンになったが、今回は色名がぴったり。

最近は、BR-3とBR-4を週の中でちょうど半分ずつ使うくらいの頻度で愛用している。赤くしたい日はBR-3、もうちょっと青みが欲しいなーって日はBR-4。

ちなみに、アイブロウブラシはフーミー、アイブロウペンシルはヴィセリシェ(下記事のリニュ後のもの)、アイブロウマスカラはエテュセのものを使ってます。
最近アイブロウマスカラはごく稀にしか使わない。でもこのアッシュピンクの色は好き。


ヴィセのアイブロウパウダーが好き

ヴィセのアイブロウパウダーはここ数年ずっと好きで、リニューアルしたり、好きな色が追加発売されるたびに買っている。イプサのパクリみたいな色合わせで登場してきた前製品で使い始めて、セルヴォークのパクリっぽく変身した今も毎日使っている。

というかそもそもヴィセが好き。思えば、浜崎あゆみが水色アイシャドウにサーモンピンクだかベビーピンクだかのダブルグロスを合わせたルックでイメージガールをやっていたような遠い昔から、いつもなんとなくヴィセに惹かれていた…そもそもコーセー系の色出しが好きだしな。今でもアイブロウみたいに、あまり複数色を常備せずに毎日同じものを使う系のアイテムではついついヴィセを選んでしまう。

ヴィセの現行品のアイブロウパウダーは、今回買った BR-4(ニュアンスパープル)、いつも使っているBR-3(ピンクブラウン)の他に、実はBR-2(ブラウン)も持っている。2019年のKAMIJO PERSONA GRATAツアーで遠征したときに、コスメポーチをまるまる家に忘れて大阪に泊まりで行ってしまったので、心斎橋のドラッグストアで買ったのだった。でもBR-2は私には全く色が合わなくて顔色が死んだので、買ったその日の一回、たった数十秒間使ったっきり。
アイブロウの色って地味に大事、眉にどういう色を使うかで顔色がガラッと変わるもんね。


ヴィセはここ数年、ずっと私の好きな色合い(赤みか青み)のアイブロウを出し続けてくれているので信頼している。コーセーさん、今回のニュアンスパープルを通常販売品に格上げしてくれてもいいんですよ!!結構長く使うことになる気がする。

まあ、もしヴィセからこの色の再販がないまま使い切ってしまったら、次はセルヴォークかジルスチュアートで紫系アイブロウパウダーを買おうっと。


というわけで、記事を長く放置し続けたせいで今現在は既に販売終了になっているっぽい、限定紫アイブロウパウダーの話でした。


ヴィセのアイブロウアイテム過去記事