アクセーヌ・ADコントロールローション

スキンケアコスメを色々取り寄せて試してみよう、の続き。短文でどんどん書く。

今回はアクセーヌのADコントロールローション。
f:id:rose_s:20190407131932j:plain:w250
パウチではなく、28mLも入ったボトルでもらったので、かなり長くしっかり試せている。

インフィニティの化粧水を試したときと同じく、基本的には天然水で顔ふいてパッティングしてパックとその後の保湿までして、その後にこの化粧水を使用。


この化粧水、水みたいなさらさら度合いで、とろみも香りも一切ない。何も言われずに渡されたら、水と見分けがつかなさそう。

使ったかんじも、まさに水。これを塗ったところで、特に肌がしっとりするわけでも、もちもちするわけでもない。その代わり、たしかに刺激は全くなく、肌荒れもしない。

肌荒れしないのはいいが、しばらく使っても特に何の効果もないので、これだったら今使っている天然水と保湿美容液の使用でいいや、というのが正直な感想。このままなら、たぶん購入はない。

まあ、この製品は今もまだ毎日朝晩使い続けているので、もしこの化粧水の使用をやめたときに一気に肌荒れが起こったりしたら、そのときになって初めてこの化粧水のありがたさを知るんだと思う。成分的にそんなことはなさそう、と思ってしまってはいるけど。

ADコントロールローション120ml

ADコントロールローション120ml


敏感肌用のスキンケア品って、刺激があったり、使って肌荒れが出たりすると即候補外になるからわかりやすいけど、刺激がないならないで、今度は「肌荒れはしないけれど、ほんとうにそれだけ。この製品をわざわざ使う意味はあるのか?」と思ってしまうものが多い、ということをめちゃくちゃ久し振りに思い出した。

私は学生の頃にこの疑問を持ち、当時よい化粧水に出会えなかったがためにそこから抜け出せず、それで長年化粧水代わりに天然水を使用することになってしまったのだった。今後、いつか抜け出せる日は来るのだろうか。

ついでに書くと、インフィニティを使い切ったのでこのアクセーヌの化粧水に移行したわけですが、移行前後で特に何の変化も感じていない。あんなに高価(私基準)な化粧水を他に切り替えて、何の違いも感じないって、そんなことあるの。私の肌が鈍感すぎるのか、細かな違いに気がつくかつかないかという感受性の問題なのか。

化粧水、ほんとに使う意味あるのかな。未だ懐疑的、ただの水と保湿美容液でもいいように思えてならない。

この先、やっぱり化粧水は必要なんだー!と思えるような製品が出てくるといいのだが。