KAMIJO・Live Tour 2018 -Sang- Final @Zepp DiverCity Tokyo その1

ゼップダイバーシティでの、KAMIJO Sangツアーファイナルに行ってきました。

とってもよかった!

f:id:rose_s:20180716011922j:plain:w250 f:id:rose_s:20180716003537j:plain:h250

ツアー初日の鹿鳴館を観たときも思ったことだけど、Sangのライヴはたしかにコンサートなのに、終わった後の印象がコンサートを観た後のものではなく、映画館で映画を一本観終わった後のそれなのがすごい。これまで何度も観てきたKAMIJOソロのライヴなのに、今までのKAMIJOライヴとははっきりと違う感覚が残る。ツアーファイナルの今日も、音楽作品やコンサートの終わりではなく、映画の終わりを観ているかのようだった。


KAMIJOは映画音楽を作りたいといつも言っていて、それはいつかやるんだろうな(いや、既に田中れいな鈴木愛理のヴァンパイア映画でやったか)とは思っていたが、まさか自ら映画を作ってしまうとは思っていなかった。しかも、別に映像を作ったというわけではなく、作っているのはあこれまで通りの音楽で、でもそれに自作の脚本と声優の演技と映像演出を合わせることで、あくまで音楽のライヴの形式を取りながらも映画のような世界と鑑賞感を作り出す、という二重構造で映画を作ってしまった。

いやー、すごすぎた。私はLAREINEの頃からKAMIJOの存在を知ってはいたけど、Versaillesで初めてファンになり、それから事あるごとに「KAMIJO、まじで天才なのでは」と思ってきたが、このアルバムSangとSangツアーに関してはその才能がずば抜けすぎていてほんとひっくり返るわ。真剣に、この人の才能は凄まじいと思う。声優事務所と業務提携したのはかなり前のことだし、その間に、構想を具現化したくてもできなかった事情が色々あったりしたんだろうと推測するけど、今こうやってこんなに素晴らしい作品を完成して私達に体験させてくれて、その才能と実行力に感謝と尊敬の念しかない。

KAMIJO最高。

2012年のVersailles活動休止時、彼がソロになってここまで素晴らしい作品を作ってくれる未来が来るとは予想していなかった。ほんとうに嬉しいです。


そんなかんじで、Sangツアーが初日もファイナルもとてもよかったので、ファイナル公演について久々にすぐ記事を書く。ライヴレポというほどのものではないが、セトリとツイートのまとめ。

セットリスト

Dead Set World
Theme of Sang
Nosferatu
Emigre
Bloodcast -Interlude-
Vampire Rock Star
BASTILLE
Sonata
Bloodcast -Interlude-
闇夜のライオン
Delta -Interlude-
Castrato
Ambition -Interlude-
Sang I
Sang II
Vive le Roi
Louis 〜艶血のラヴィアンローズ
Sang 〜君に贈る名前〜
mademoiselle(Instrumental)

Dead Set World
私たちは戦う、昨日までの自分と
Sang -Another Story-

Emblem
薔薇は美しく散る
Mystery
Moulin Rouge
Dying-Table
Vampire Rock Star
Throne(SE)
Sang III(音源)

Throne
Dead Set World
Theme of Sang(音源)


感想ツイート

















その他

セリフがSNS解禁になったようですが、私が一番好きで、ネタバレしててもなお「おおおー」と思ったのは、ツアー序盤のSang IIの間奏部に容赦なく差し込まれたナレーション後のサンジェルマン伯爵のセリフ、「…はずだよ?ルイ。」です。

あと、本編があまりに素晴らしすぎてこれまであまり言及してこなかったが、初音ミクとの共演はこれはこれでまた素晴らしかったし、楽しかったし、KAMIJOの果てなきイノベーション姿勢に感銘も受けた。

こういう細かい点については後日また改めて書きたいな(書きたい気持ちはあるんだけど、なかなか書かないんだな)

過去記事





Sang ~君に贈る名前~ (初回限定盤)

Sang ~君に贈る名前~ (初回限定盤)

Sang (完全限定受注生産豪華盤)

Sang (完全限定受注生産豪華盤)