KAMIJO・Live Tour 2018 -Sang- @目黒鹿鳴館 その1

遂に、KAMIJOソロのニューアルバムSangが発売になり、ツアーも始まりました。

Sang (初回限定盤)

Sang (初回限定盤)


Heart以来3年半振りのフルアルバムが楽しみすぎて、私にしては珍しくちゃんとリリース日にアルバム買ったし、その3日後のツアー初日、鹿鳴館にも行ってきた。
f:id:rose_s:20180327124010j:plain:h250

このライヴが、ものすごかった!


ライヴの詳細をまとめるには時間がかかるので細かいライヴレポは例によって後日になるんだけど、その前にこれだけ書いておく。

KAMIJOに少しでも興味があるなら、このツアーは観ておかないと絶対損する!今回のSangツアーは、彼のキャリアの中でもきっと歴史的なツアーになると思う。


今までのKAMIJOソロのライヴとは違う構成になってます。不思議なことに、音楽のライヴなのに、ライヴというよりも映画やDVDを観ているような感覚に近い。

私はいつもDIR EN GREYのライヴを観ると「総合芸術だなー」と思うんだけど、あれにもちょっと近づいてきた。ディルは元の音楽を活かすために個々の演出があって、KAMIJOは個々の音楽がたった一つの映像作品の一部というかんじがするので、厳密には違うというか逆の方向性だけど、総合芸術という意味では近い。

KAMIJOはソロでもVersaillesでもこれまで凝った演出は入れてきていなかったし、インディーズで大きなスポンサーがいない中、しかもライヴハウスツアーでこれをやったのは結構すごいと思う。

このライヴ進行形式にしろ、初音ミクとのコラボとライヴ共演にしろ、既に十分に長いキャリアを積んでいるのに、まださらに新しい試みを続けて自分の表現の幅を広げていくことにとことん貪欲なKAMIJO、まじで好きだ。


ツアー初日からあまりに全力でよかったので、私も地方を沢山回りたいくらいなんだけど、今回はあまり行けないのが残念。

ファイナルは行くけど!ファイナルはゼップダイバーシティだけど席ありなので、ライヴハウスとはまた違う演出もできそうで楽しみ。ぜひ、生オケとピアノを入れてくれー。

ツアー、あと19本あるみたいで、KAMIJOソロでは珍しく地方も結構細かく回るので、是非一度観に行ってみて下さい。土日祝だし、チケ代が安い学割チケットもあるよ。


ライヴの詳細は後日書くとして、セトリと感想ツイートだけは置いておきます。

セットリスト

Dead Set World
Theme of Sang
Nosferatu
Emigre
Bloodcast -Interlude-
Vampire Rock Star
Moulin Rouge
Mystery
Emblem
mademoiselle
BASTILLE
Sacrifice of Allegro(途中から)
Delta -Interlude-
Castrato
闇夜のライオン
Throne (SE)
Dead Set World
Ambition -Interlude-
Sang I
Sang II
Sang III
Dead Set World

Presto(室内楽バージョン、音源)


Dead Set World
私たちは戦う、昨日までの自分と
Sang -Another Story-


Louis〜艶血のラヴィアンローズ
Dying-Table
Throne

Throne(SE)
Sang III(音源)


感想ツイート
















過去記事