Versailles・10th Anniversary Tour -Grand Finale- 「CHATEAU DE VERSAILLES」@ Zepp Tokyo

Versaillesの10周年ツアーファイナル、ゼップ東京に行ってきました。

f:id:rose_s:20171218020709j:plain:w250
f:id:rose_s:20171218005203j:plain:w250

無難にこなしたなーってかんじのライヴだった。あんまり10周年記念感はなかった、特別なことも特になし、この先の告知もなし。

でも2月の武道館のときみたいな変な気負いは感じられなくて、その点はよかった。あと演出も変に凝ってなくてシンプルでよかった、特に照明はとてもよく感じた。VersaillesとかKAMIJOソロのホールライヴで、照明がよいと感じたことって最近ほとんどなかった気がするので(覚えてない)、いい意味でいつもと違う感じがした。途中、メンバーに何度か小さい(?)トラブルがあったけど、スタッフがすぐさま飛んできて即対応してて、この間のVersailles柏とかいつぞやのKAMIJOソロとかのようにスタッフにキレるメンバーの姿を見たくない私としてはとてもよかった。ってこう書くと別に普通なんだけど、こういう普通のことを普通にやることこそ、きっと難しいんだろう。


で、このまま行くとライヴレポを書くのが一年半後とか二年後とかになりそうなので、今日はもう忘れないうちにセトリとツイートとざっくり感想だけメモっとく!


セットリスト

Prelude
MASQUERADE
Shout & Bites
ASCENDEAD MASTER
Lineage
Inheritance
Chandelier
Flowery
Marionette
A Day Without You
Sympathia
La Musique
The Red Carpet Day
Aristocrat's Symphony

After Cloudia
BEAST OF DESIRE
Philia

The Revenant Choir


感想ツイート













その他箇条書き

(随時追加予定)

  • 当日券出してたけど、割と後ろの方まで埋まってた。席ありライヴだと結構動員あるんだなあ、といっても活動休止前のようにほんとのホールではないが
  • Zepp Tokyoは高校生のときから何十回も入ってるハコだけど、席ありで入ったのはたぶん初めて。入場時も退場時もものすごい違和感があった


  • Preludeでおてるが出てきてセンターで決めポーズ後、下手の立ち位置に戻る途中で盛大に転ぶもすぐ起き上がる
  • MASQUERADE、イントロのしょっぱなから腕と肩壊すんじゃないかというくらいの勢いで拳を挙げるKAMIJO。なんだかヤケクソに拳を挙げているように見えた2011年のツアー時を思い出した
  • MASQUERADE始まりの2曲目がShoutというの、テンション上がって私はとても好き。未だにShoutとBEASTでテンションが上がる古い客である
  • ASCENDEADのサビ頭を客に歌わせるのは結構無理があるような
  • ASCENDEADのラスト、照明が真っ赤になってメンバーが黒い影になって終わったのがめちゃかっこよかった。ここで初めて、あれ、今日の照明よいぞ⁉︎と気づいた
  • Lineageは武道館で初めて聴いたときよりも客になじんでよくなってた
  • イントロで唯一スモーク出たの、Lineageたっけ?本編の割と前半の曲だった気がしたけど、忘れた
  • Inheritance、好きじゃないけど映えるやつ。照明がばっちり決まってた
  • Chandelier好き。新しいVersaillesってかんじがすごくする。ザ・HIZAKI、こういう曲が出せるのがひざきのいるVersaillesの強み
  • Floweryの前に長めのMCがあって、その最後に「さあ目を閉じて想像してみて下さい。ここはヴェルサイユ宮殿、天井のシャンデリアから見下ろすと、舞踏会で貴族達が綺麗なドレスをまとってくるくると回っている(意訳)」みたいなことを言って、それでFloweryにつなげたんだけど、ここ数年あんまりVersaillesのライヴを見ていないせいでタイトルコールまで何の曲の曲振りなのか本気でわかんなくて、ん、アリスト?とか思っていた
  • 地方ツアー行ってないからFloweryはとても久々に聴いたんだけど、ライヴで聴くとこんなんだったんだっけ?と思うくらい新鮮に楽しめた
  • MarionetteのMASASHIの決めゼリフは今日もあんまりよく聞こえなかった。あれ好きなのに、残念
  • マリオネットでのかみじょのアリさんダンスは健在、これからもやり続けるんだろうか…
  • A Dayはとってもヘドバン曲だと思うんだけど今日もやっぱりあんまり盛り上がってなかった。私はHIZAKIがつくる、ああいう品のない系の暴れ曲かなり好き
  • SEをバックにHIZAKIがアコギを弾く中でKAMIJOが長めのMCをし、その流れでSympathia。開演前にアコギの音が聞こえたので、おおAmorphousでもやるのか?と思っていたけど違った
  • Sympathiaは今日もとても綺麗だった。後ろの方の席だったのでローズライトがいっぱい視界に入ってよかった。合唱目的の引き延ばしバージョンではなく、音源通りの長さで終わった
  • La Musiqueはめっちゃ好き、今日も聴けて嬉しい。活動再開後の曲の中でやっぱり一番好き。しかしあんまりライヴで盛り上がる感じでもないんだな、でもとにかく好き!
  • 2回目のアンコール後、ライヴ終了前のメンバー餌まきタイムにもBGMとしてLa Musiqueの音源が流れてた
  • レッカペは今日はジャンプしてる人より逆ダイの人の方が多いように見えた。柏と新横浜では飛んでる人の方が多く見えたけど、観測範囲の違いなのか、気のせいか
  • 本編ラストはアリスト、よい。今日はイントロの折り畳みパートがなくて、レッカペのラストからアリストのギターメロディ入りに直結していた気がするが、もう既に記憶が曖昧であまり自信がない


  • アンコール1曲目がAfterなの嬉しい。Chandelierと比べると古くさいが、しかしこのメンバーが揃って演奏しているAfter Cloudiaを見るの嬉しい。曲中のジャンプは飛んでる人あんまいなかった
  • そしてBEAST!来ると思ってなかったから嬉しかった。あのわけのわからないスピードとぐちゃぐちゃ感(実際に歌や演奏がぐちゃぐちゃなわけではない)が大好き。何度聴いても疾走感がありすぎる
  • BEASTの中盤だか後半だかでHIZAKIが下手で転んで、すぐに立ち上がろうとするが何度か失敗、しばらくしてやっと自力で立ち上がる。立ち上がった後は何事もなかったかのようにキリッとした顔でギターを弾いていた
  • HIZAKIが下手にいたからMASASHIが上手から帰って来られなくなってたんだけど、HIZAKIが立ち上がってしばらくしてから上手に戻ったら、まさしがかなりのスピードで下手にスススーっと戻ってきていて、うまいなあと思った。この人はいつもすごく冷静にステージ全体を見てるよね、素晴らしい
  • Philiaはこれといってあんまり印象がない


  • 2回目のアンコールはレベナント一本のみで終了。イントロの例のタイミングで銀テープ発射、銀色で印字なし
  • アンコール終了後はいつものように手つなぎジャンプと個々人の一言コメントがあり、餌まきタイムがあって普通に終了。
  • 開場時に既にフライヤー配布があったので、告知ないのかなと思っていたらほんとうに最後までなんの告知もなかった。かみじょは「しばらくライヴはありません!」とカラッと言っていた
  • この間の柏だか新横浜のときから、YUKIの喋り方に根拠のない不安を感じるのだが、あまり不安になっていても仕方がないので素直に来年を待とうと思います。きっと周年の鹿鳴またやるよね?新曲もツアーも待ってます!



過去記事