DIR EN GREY・TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬] @ 大宮ソニックシティ 大ホール

もはや去年どころか一昨年、2016年の、ディル鬼葬ツアーのライヴメモ。

例によって、細かい点についてはもうほとんど覚えてない!けど、意外に結構楽しかった。
f:id:rose_s:20180331101936j:plain:w250 f:id:rose_s:20180331101927j:plain:w250


目次


いきなり懐古話

ライヴレポを書かずにいきなり15年以上前の話になるが、私は2002年3月の赤坂ブリッツ以降、ちょうど一年間のディルライヴ断ちをしていたため、オリジナルの鬼葬ツアーをその赤鰤2本しか観ていない。

鬼葬は当時から好きなアルバムじゃなかったため、ツアーにも諦めがついた。もしあのタイミングで私の好みど真ん中のアルバムが出て、ツアーに行きまくるようなことになってたら、私はたぶんそれまで通りディル友達と平日も休日も夜まで遊び呆けまくっていて、大学に入れなかったことであろう…鬼葬が好きな作品じゃなかったことは長い目で見ると私にとってはよいことだった、たぶん。

その後、一年間の冷却期間を置いて2003年3月のビデコンからディルファンに返り咲いたんだけど、一年経ったらMACABREの頃のようなディルライヴへの情熱はもうかなりの部分が失われており、その次のVULGARツアーは関東しか行かなかった。まあ私も毎日大学とバイトで忙しくなり、仲良くしてた年齢の近いディル友の多くが昼職に就いて、以前のように一緒にライヴにばかり行ってられなくなったというのもあったが。

なので私は、当時からディルファンであったにもかかわらず、鬼葬には特に何の思い入れもない。音源は好きじゃない、ライヴは2本しか観てない、どうしても行きたかったけど行けなかったというライヴもない。

ここから今回のライヴ話

それで今回の懐古ツアーで鬼葬も行くかどうか結構悩んだんだけど、大宮でホール公演があったのでそこだけ申し込むことにした。

そしたら、めっっっちゃ良席が来た。ディルのホールは1998年の渋公から観ているが、これまでこんなにいい席が来たことたぶんない。前から5列以内、しかもなんと上手のShinya前!

というわけで平日ですが行ってきました。大宮ソニックシティ、駅からの道のりは完全に忘れてたけど、着いたら思い出した。私前にもここに来たことある、けどいつなんのライヴだかはわからない…たぶん高校か学部生の頃だと思うけど、ディルか?他か?

席はほんっとうに良席だった。近い。いつも私がライヴハウスでディルを観ている距離より近かった。しかもShinya前で、すごく観やすく、落ち着く位置だった。元々ディルはドラム台が高いし、ドラム台前を他のメンバーがわちゃわちゃ動いたりはあまりしないので、普段からShinyaが見にくいということはないんだけど、やっぱホールで真ん前ってのは特別感があって嬉しい。

中高生の頃は、ホールライヴで下手席やセンター席を引いてしまったときには必死で上手席チケを持ってる人を探し交換してもらっていたし、それが面倒なのもあってハコライヴ至上主義だったんだけど、今回はそんな努力をしなくてもあっさりこんな良席が手に入った。ラッキー。

そもそも、よく考えたらディルのホールライヴ自体がめちゃ久し振りだった。いつ以来だろう、Witheringってホールツアーあったっけ?それ行ってたとしても、少なくとも10年以上振りだ。
(この後2017年にMACABREツアーをホールで2本観たけど、それはまた後の話)

ってまた懐古話になってしまった、ディルの回顧ツアーについて書こうとすると、いつも自分の思い出話ばかり書いてしまう…


久し振りにホールで観るディルは、演出がしっかりしててよかった。和と洋、鬼と悪魔だか天使だかが混ぜこぜになったような、宗教画チックな背景、あれがめっちゃよかった。ものすごく迫力あったし、現代的な演出で、京や、鬼葬の曲と合ってたなー。家にたぶんディル回顧ツアー全てのDVDがあるので、もう一度見ようと思えば見られるんだけど、映像観るの苦手なのでたぶんもう見ない。頭の中のイメージだけに留めておこう。

あと、鬼葬発売時には、「ディルが洋楽っぽくなったーやりたいーことはわかる、でも似合ってないし、やりきれてないし、私の好きな方向じゃないーディルのよさはそっちじゃないんだー」と思って嫌っていたsix Uglyのような路線の曲たちが、発売後15年弱経った今聴いたら、かなり今のディルにはまっていてしっくりきた。私は、今も鬼葬とかsix Uglyのような曲は好きじゃないんだけど、でも私の好みどうこうでなく、今のバンドからは浮いてないなって。私の嫌いな部類のエログロナンセンス曲も、歌詞世界とかそっちのけでめちゃ盛り上がっていて、まあ単純に非日常エンタメとして楽しかった。

ここ数年のディルのライヴではよくあるんだけど、私はこの曲好きじゃないけど、今のバンドにはぴったり合ってるなーっていう、そんな瞬間が何度もあった。

発売当時は、なんであの素晴らしい世界観構築に成功したMACABREツアーの後に、よりによってこっち行っちゃうんだー圧倒的後退だーと思っていたけど、世界観どうこうを完全放棄して、単純に馬鹿騒ぎノリで行っていたら、当時のライヴももっと楽しめたのかもしれないね。

鬼葬やsix Uglyは今もほとんど聴かないアルバムだけど、今回あらためて回顧ツアーに行ったことで、少しだけ嫌悪感が薄れたのはいい収穫だったし、音源が嫌いでもライヴ楽しめることってあるんだなーと思った。普段、好きじゃないけど曲をわざわざライヴで聴きに行くことってまずないもんね。


さてセトリと感想ツイートです。

セットリスト

鬼眼
ZOMBOID
詩踏み
undecided
輪郭
Chain repulsion
embryo
蟲 -mushi-
新曲
24個シリンダー
鴉 -karasu-
FILTH
HADES
Un deux

G.D.S.
Mr.NEWSMAN
The Domestic Fucker Family
umbrella
SUSTAIN THE UNTRUTH
JESSICA


感想ツイート

ライヴ前












ライヴ後

















2016年のディルライヴはこの鬼葬ツアー一本だけで終わり、2017年はMACABREとWitheringに行きました。

マカブラは4本観たけどめっちゃよかったなーこの記事も書かなきゃ。


過去記事