Versailles・Versailles完全復活ライヴ「Chateau de Versailles」@舞浜アンフィシアター

さてすっかり書いていなかった過去のライヴレポ。

2016年8月のVersailles完全復活ライヴのライヴレポです。もう一年半経っている…
f:id:rose_s:20180128024609j:plain:w250 f:id:rose_s:20180128024816j:plain:w250

完全復活ライヴということでかなり綿密に練られてよく準備されたステージだった。新曲2曲を初披露し、さらに、翌年2017年2月14日に、初めての日本武道館公演を行うことも発表。

6月のお披露目ライヴは、あの構成上どうしても過去に目が向いてしまうものだったけど、今回は完全に未来に向かっているのがわかって、観ていて嬉しかった。なかなかよい形で活動再開できたのでは。


自分の視界からの景色以外のほとんどの細かいことを忘れているが、ツイッターに細かくメモを残してあったので、セトリと感想ツイートをまとめておきます。

今回はほとんどツイートの貼り付けなので、普段よりさらに読みにくいです。


目次



セットリスト

Intro
Prelude
MASQUERADE
ASCENDEAD MASTER
Shout & Bites
月下香
Forbidden Gate
Descendant of the Rose(YUKIソロ)
DESTINY -The Lovers-
愛と哀しみのノクターン
Beast of Desire
zombie
Judicial Noir
After Cloudia
Serenade
Melodic Thorn〜美の暴力〜(新曲1)
Philia
Aristocrat's Symphony

Chandelier(新曲2)
The Red Carpet Day

Sympathia
The Revenant Choir



感想ツイート

終演直後の感想










日本武道館公演決定告知について











詳細ライヴレポ






















































その他






その他覚えていること

楽しかった。この日の感想はやたら詳しくツイッターに書いてあるのであまり付け足すことはない(そしてもう覚えてない)のだが、無理矢理思い出すと

  • FC先行でチケット買ったけど、 ミーグリには興味がなくてプレミアムシートにはしなかったためお披露目ライヴ時よりは席が遠かった。が、これで十分。前方5列くらいが一番高額席だったのかな?
  • セットが悲しくなるほどへぼかった。あれなら、何もない方がよっぽどよい。悲しくなる
  • アンフィシアターの半円ステージやエレベーターを使った演出はうまくいってたし新鮮でよかった。Preludeで、まさか前方地下からメンバーが出てくるとは思ってなかったのでいきなり意表を突かれた。
  • それぞれ仮面をつけて出てくるのもよかった。近くで見てないからあんまり詳しいところまで見られなかったけど、ちゃんとメンバー5人それぞれの衣装に合うデザインになっててテンション上がった。
  • この日のライヴは、かなり綿密に練られた台本を、全員がしっかりこなせていた、というような印象があった。細かい部分の動きや立ち位置まで、普段以上にきっちり決められているようなかんじ。それくらいちゃんとしてた。メンバー同士の絡みも活動休止前より格段に多く、しかもよくなってて、歌詞に合わせたKAMIJOとHIZAKIの絡みもとてもよかった。
  • ラストで、他のメンバー4人が筋書き通りローズライトを掲げて退場への準備を決めているのに、YUKIだけが両手を下げたまま微笑みながらずっと客席を見ていて、ある意味ポーッとしていて、それに気づいた隣のKAMIJOがそっとYUKIのローズライトを掲げるように促してYUKIがハッとして腕を上げ、そして全員一緒に地下へと退場していった、あの一連の光景が1年半経っても忘れられない。6月のあのお披露目ライヴ時に暴露された、YUKIとKAMIJO間の過去の確執、あれからの完全復活ライヴでこの光景って。出来過ぎなくらいで、とてもよかった。現実があそこまで美しいとはさすがに思わないが、ほんとうに、美しい夢を見させてもらった気分。


つくづく、いいバンドだなと思えた完全復活ライヴでした。実際、この日に告知された翌年の武道館ライヴより、この日の方がずっといいライヴだった。
f:id:rose_s:20180128024844j:plain:w250 f:id:rose_s:20180128024854j:plain:w250



過去記事