読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上龍・「海の向こうで戦争が始まる」

「海の向こうで戦争が始まる」を読了。素晴らしかった。龍のエッセンスが詰まった作品。いつも思うけど、村上龍は、定常状態の秩序が徐々に失われて、混沌へと向かっていく過程の描写が圧倒的にうまい。平穏と混沌の境界の描写も、その境界を超えていく描写も構成もひたすら見事で、デビュー後30年以上経った現在まで続いている龍の強みがよく出ている作品だった。

実はこの本、冒頭の文体と世界観が初期作特有の古さに満ち溢れていて、ついていけなさそうと思って途中で読むのを放棄してたんだけど、再開してよかった。いかにも芥川賞にぴったりなデビュー作はともかく、これが第二作で、次が「コインロッカー・ベイビーズ」って、20代半ばの龍すごすぎるんですけど。

海の向こうで戦争が始まる

海の向こうで戦争が始まる

広告を非表示にする