Versailles・Spring tour 2012 〜Rhapsody of the Darkness〜@高崎club FLEEZ

関東ワンマンツアー四本目にしてファイナル、高崎。
f:id:bugy-crax:20120521163117j:image:w250

Tとお昼食べて、昨日に引き続き昼からビール飲んで、
うだうだしてから、ふらーっと行ってきました。


セットリストー

Prelude
Aristocrat's Symphony
ASCENDEAD MASTER
DRY ICE SCREAM!!
LIBIDO
Illusion
Holy Grail -Amoroso-
Love will be born again (Japanese version)
Judicial Noir
Flowery
Forbidden Gate
Rhapsody of the Darkness
Vampire
Philia


MASQUERADE
The Red Carpet Day


Sympathia
The Revenant Choir


・一応ツアーファイナルのはずなのだが、全くファイナルらしさがなかった
・盛り上がりも微妙だったし、セトリも特に物珍しいところはなく。
・LIBIDOでKAMIJOが台から転落し、Philiaの入りでYUKIがミスって再演奏になった
・今日のKAMIJOの歌はかなりやばかった。どうしたの…
・最後もあーっさり終わっちゃって、なんだか通過儀礼的なライヴだった。
・なぜ高崎でファイナルをやったのか…


今日はステージが低かったのか、弦楽器隊が極めて見にくかった。
YUKIは意外によく見えました。
KAMIJOはお立ち台に乗ってりゃよく見えた。
天井が低いハコだったので、お立ち台に立つと簡単に天井に手が届くんだけど
天井に手をついて身をかがめているKAMIJOの姿は、なんだか物珍しかった。
私、今まであんまりライヴハウスでVersaillesを見て来なかったからなあ。



今日はファイナルだったのだが、
どこを見ても、ファイナルらしさが一切ないライヴだった。
セットリストも、MCも、客の盛り上がりも、メンバーのファンサービスも。
KAMIJOのMC聞いてても、既に6月の恵比寿の主催に目が行ってるかんじだったし
なぜにファイナルを高崎にしたのか、極めて疑問。
まあ短いツアーではあったけど、一応ファイナルなのに
全てにおいて集大成でもなんでもなかったし、
むしろ初日みたいな雰囲気のライヴだった。
次回からは大人しく、首都圏か名古屋か大阪あたりにした方がよいのでは…



そしてKAMIJOの歌!
今日が一番ひどかったね。
柏以上にやばかった。音程ぐっちゃぐっちゃ。
しかも高音が出ないのか、変にクセある発声をしている…
そしてそれが全く耽美ではない。
私は、この人が気をつけて気をつけて、慎重に発するヴィジュアル系発声が好きなので
気を抜いたときの発声や、調子悪い時の声は好きではない。


今日はしょっぱなから、前半数曲かなりやばくて、
Illusionあたりで持ち直し、どうにかLove will be〜をこなしたかと思いきや
妙なMC後のFloweryで最悪の状態になってた。
Flowery…あんなに厳しい曲だったとは。知らなかった。
その後のForbiddenも死んでました。
声が死んでる時の壮大曲はしんどいですね…聴いてるこっちもしんどいぞ。
Philiaも、サビを中心にカラオケ状態で、
極めつけはアンコールのSympathia。
高音が出ないのはわかった、わかったから、
演歌みたいな変なコブシを効かせるのだけは勘弁して下さい。
曲途中で数回、誇張抜きで、北島三郎とか前川清みたいになってたよ…
耽美さゼロ。死んだ。助けて。


いやー。ひどかったね。
ツアー前半二本の調子の良さはなんだったんだろう…別人みたいだ。
KAMIJOさんの歌に関しては、次回に期待。



そうだ、今日、
LIBIDOでKAMIJOがお立ち台からステージに転落した。
腰振った後の「踊り狂え」のとこで、
いきなり視界から消えたのでびっくりした!
お立ち台から真横に落っこちてたみたい。足踏み外したのかしら。
でも割とすぐに自力で台上に戻ってきて、普通に歌ってました。
怪我してないといいけど。
YUKIが笑いを噛み殺した顔でドラム叩き続けてて、その顔にウケてしまった。


そんなYUKIは、本編ラストのPhiliaの入りでミスって
さすがにKAMIJOからストップがかかって、再演奏になってました。
ラストだったから、ほんとはレッカペだったのに
KAMIJOが間違ってタイトルコールしちゃったのかと思ったけど、違った。
YUKIがあんななるの、珍しいなー。
10年前くらいに私がディル見てた頃、
私が好きだったドラマーShinyaさんはもっと頻繁に入りでミスって
「いやいやいやいや」とかつっこまれながら、よく再演奏になってた気がする。
YUKIはあんなに手数多い割には、大規模にミスることあんまりないよねー
すごい。



細かいとこでは
本編一曲目がアリストで、私の大好きな曲だったのだが、
私、この日は初めの立ち位置を間違えてしまったようで
周りの他の客の動きに気を取られてしまい、
気が散ってせっかくのアリストを十分楽しめませんでした…しまったー。
あと、アリストだかアセンデッドだかドライアイスだかで、上手下手が入れ替わって
かなり長い時間、HIZAKIが下手、おてるが上手にいた曲があって、
最初っからこれってのは珍しいなーと思ったんだけど
何の曲だか忘れた。気が散ってたのね…


久々のFloweryでは、ステージが低すぎて
弦楽器隊と踊ってるKAMIJO、ほぼ見えず。うーむ。
本編後半は、11曲目がRhapsodyだったので
その後にレッカペが来て終了かと思いきや、
VampireとPhiliaが続いたのは意外だった。曲数、今日は微妙に多かったね。


アンコールでMASQUERADEってのは新鮮だったなー
この曲をアンコールでやるのは初めてだったらしいです。
まさかここでやるとは思ってなかったから嬉しかったな。
しかしやっぱアンコールに合う曲ではないねー
本編一発目か、後半一発目ってかんじだ。幕開けの曲。
あ、今日はアンコールあたりでBeastやるんじゃないかと勝手に思ってたけど
聴けませんでした。また今度だなー。



今日のKAMIJOのMCは謎だった。
さすが地方。無意味、無計画。
以下、うろ覚えかつ意訳ですが

(昨日ロシアから帰ってきたという話題から)
K「とはいえ、高崎がファイナルに選ばれたわけです」
客(半盛り上がり、半拍手)
K「ロシアは、東京から飛行機で10時間!!」
客「……」
K「高崎は、東京から車で1時間20分!」
客(苦笑)
K「お前達に、このハンデがわかるか!?」
客(苦笑)
K「俺自身も自分が何を言っているかわからないんだ!」
客(笑)
K「お前達…白なめこって知ってるか」
客(笑)
K「まあいい…後で教えてやる」
客(苦笑)
K「(後方に下がって)そうだ、やっと次の曲を思い出した。
  僕の頭の中も、君達の頭の中も真っ白にして
  真っ白になったキャンバスに、鮮やかな絵を描きましょう
  久し振りの曲です、Flowery」

無理ありすぎ…!ていうかまじで意味不明
酔っぱらいテンションのMC、水戸以来ですね…


あと、たしかアンコール一回目で
わざと幕間から、ふらふら、前かがみ状態で出てきたKAMIJOが

K「暑いな…なんか疲れちゃったよ。」
(客、色々反応してあげる)
K「誰か、僕に油差してくれない?
 (左手にKURE5-56を持っている)」
客(笑)

とかいう謎のMCもあった。
KURE [ 呉工業 ] 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 [ 品番 ] 1004 [HTRC2.1]
完全に、おねがいかなえてヴェルサイユのノリなんですけど…
そういうのやるなら石焼き芋の歌をやってくれ!まじで




そんなこんなで、終始よくわからなかったし
客観的に見たら、あまりよい出来ではない部類のライヴだったと思いますが、
個人的にはそこそこ楽しめたのでよかったです。
ハードル下がってるー!

広告を非表示にする