またかみじょー見てきた

11日振りにまたもやかみじょー見てきました。
f:id:bugy-crax:20080818034309j:image:w200
母や妹には
「また行くの!?こないだも行ったばっかでしょ!
 また一週間以上家を出て、地方まで行っちゃったりするんじゃないでしょうね」
と言われていますが、中高のときと違って夏休みが長くないし
今更N氏にたかるはずもないので遠征は無理です…大人しく東京にいます。
ていうかワンマンツアーは11月なので無理です。


そんなこんなで
朝から部屋の掃除とかしてひきこもり、開場時間くらいに準備し始め、
渋谷に着いても109で買い物したりしてうだうだしてて
着いたのが17時ぐらい。
他目当てで来てた友達二人と合流し、モランとカヤちゃん観て楽しみ、
チャリオッツは「戮…やっぱ無理だ…」となって聴かずにひたすら語り、
かみじょになったら私だけ前方数列目に入り、二人はまったり後ろで見て
ていうか途中で帰って、終わってからまた合流して
夕飯食べて語りまくってさっき帰ってきました。



やー楽しかったね!
持ち時間60分ちょいくらいで、セトリは

Prelude
The Love from a Dead Orchestra
Shout & Bites
SUZERAIN
Forbidden gate
Windress
Beast of Desire
The Red Carpet Day


The Revenant Chior

で、まさにLyrical Sympathyセトリでした。
メンバーも、Lyrical Sympathyの衣装とヘアメイク!
Aristocrat's後に突然ファンになったにわかの私としては
Lyricalの衣装のメンバーを生で見られることなんて、まさかないと思ってたので
すんごい嬉しかった。予想外なところで感動した。
かみじょーもNOBLE衣装よりかっこいい!全然かっこいい!フリルシャツラヴ!
あのくるくる頭も再現してくれたらなおよかったけど
髪短いしで、頭だけはNOBLE仕様でした。
やー、ヴィジュ系はやはりヴィジュアルも大事だと思ってるので
こういうところでいきなり興奮してしまう。


そんでもってセトリもLyrical縛り。
なんか…ディルの赤ブリ5daysのセトリを思い出しました。
しょっぱなで、The Love from a Dead Orchestraを聴けたのにまた感動。
渋公まで聴けないと思ってたからさ…
これは、明日はまさかのHistory of The Other Sideを聴けるかもしれんね。
11月から全国ワンマンツアーをやるという告知をして、
本編ラストはThe Red Carpet Day、アンコールがThe Revenant Choir。
今日もレッドカーペットはほんとに異常な楽しさで、
煽りパート永遠に続け!ずっと拳上げて手拍子して逆ダイしてたい!
っていう、ディルでいうとこの新曲1やら蒼い月やらでのテンションでしたが
明日はこれ聴けないのかなーと思うとヘコむ。好きすぎて、ライヴ行くたび聴きたい。
この曲がなかったら、本編締めは何やるんだろ。
やっぱHistory of The Other Side?またLyrical戻りでSympathiaとか?


とにかく明日はNOBLEセトリなのは確実。
Prelude〜Aristocrat'sの流れがやっぱり大好きなので、定番だけど聴きたい。
Second Fearも大好きなので聴きたい。After Cloudiaも聴きたい。
あとは…今日やってない、zombieとSFORZANDOはやるだろな。
ていうか、よく考えたら、今日やってない持ち曲全部やってちょうどくらいなのか。
持ち曲少ないバンドのライヴは楽しいです。



明日も友人二人と参加します。
明日は摩天楼オペラも観たいし、シュガーも観たいし、
もちろんかみじょもだし、なので開演時間ちょい過ぎには行こうかなぁと。
チケ代2000円で、3バンドも本気で観たいバンドがあるなんて幸せだわ!
これ終わったら12月の渋公まで観られないと思うので、楽しんできまっす。

広告を非表示にする