9年振りのかみじょー拝み

かみじょー見てきた!
メモメモメモ

摩天楼オペラ

・うまい。音源の世界観をライヴでもうまく表現できてる
・苑がうまい!高音とファルセット圧巻!そして女歌詞最高!
・キーボードがいるビズアル系は私には新鮮だった
・honey dropでラスト。あれが飛び跳ね曲だったとは

Kaya

・あらゆる意味でうまい。歌う踊る喋る煽る
・特に喋りと煽りがうまい。飴と鞭の使い分けが絶妙
Versailles以上に掛け声かかってたし、盛り上がってた気すらするけど
・エンターテイナー性が高すぎる。一人であの盛り上げようはすごい
・歌謡曲ありジュリアナありで楽しかった。また見たい

Versailles

・90分で15曲、長編以外の持ち曲は殆どやった
・結論としてKAMIJOは10年前からあまり変わってない
・発声は変わったが、歌唱力はいまいち変わってない
 転調するとこで、ギター・ベースとはまた違う音階に転調なさるボーカル…
・相変わらずKAMIJOの一人芝居的な寒いMCは健在
 「よし、じゃあ俺様の名前を呼べ!」
 「ここでかみじょーマジック!この会場に雪を降らせよう」
 「1分間お前らに時間をやるから好きに使え!」などなど、暴走。
 しまいには、あまりの会場の失笑ぶりに「…苦笑かよ」と自分でつっこむ始末。
 あんたやっぱり素敵すぎるよ!このMCの路線だけはずっと変えないで!
・HIZAKIはNOBLEのブックレットより本物の方が綺麗。
 動きに華があって目立つけど、上手しか見てくれない。ありゃファン多いわ
・TERUは意外に存在感が薄かった…風邪引いてたからかしら。
・前がKayaだったから目が慣れて、Jasmineが大きく派手に見えなかった
・YUKIはとにかくかっこよい、そしてJasmine共々かなり人気
・ボーカル以外はかーなりうまい。何あの安定感!ライヴなのに!
・しかしあのメタルなバック4人の音に、ビズビズしいKAMIJOの歌が乗るから
 新鮮でいいんだなーというのも実感。いいバンドだわー

全般的に

・押しが弱い。ディルならあの2倍は詰めてる気が。逆ダイも超控えめ
・「咲き」というやつと、その変化バージョンのサビの手フリを初めて目視で確認
 何の曲でも、サビになると同じ手フリなのはなんなの?
 ここはヘドバンだろってとこで、張り手みたいなフリやるのはなんなの?
 ギターソロで咲きまくるのはなんなの?手元見たいんですけど
 ヘドバンするけどし終わったら皆髪を直してて、次の手フリまで棒立ちなのは?
・曲に合わせてノるというより、皆同じ動きで一体感安心感を味わってるかんじなのね
 最近のビズアル系は、というかディル以外は前からこうなのかな
・結局のところディルよりも大人しい人達なので、気がついたらすぐ二列目三列目
・私はやっぱ拳上げてヴォイヴォイ言うとこと逆ダイヘドバンが一番楽しいな
・最後どさくさに紛れてKAMIJOにかすり、YUKIとは握手した
・配られた雑誌の中にBUGY CRAXONEの記事があって帰りの電車で超興奮
 なにこれ!?なんでSEX POT発刊の雑誌にBUGY?私のためだとしか思えん



まぁ、とにかく楽しかった。8月も楽しみ!
詳しいレポは別ブログに書きたいー

広告を非表示にする