読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小悪魔ageha

金原ひとみで思い出したけど、今売ってる小悪魔agehaがすごい

小悪魔 ageha (アゲハ) 2008年 06月号 [雑誌]

小悪魔 ageha (アゲハ) 2008年 06月号 [雑誌]


「病んだっていいじゃん」ですよ。
巻末の方の白黒ページならまだしも、
カラーでモデル総登場の巻頭特集にこれが来る、ってのがすごい。
これ、一応ファッション誌ですよ。
まぁ、読んでみると、単なる悩み&辛い過去告白特集になってるんですけど
内容は家族問題、恋愛、いじめ、仕事、重いものから軽いものまで様々。
やっぱどんな人にでも、多かれ少なかれ悩みはあるよね。
駅ですれ違うあの人も、雑誌の向こうのあの人も、
みんな色んなものを抱えて、乗り越えて、生きてるよね。
と、当たり前のことに気づかされる。
そもそも、みんな意味もないのに生きてるんだもんね。辛いこともあるさね。


個人的には、こういう話はこれくらい開けっ広げにやる方が、
20代後半〜30代の女性ファッション誌でよく見かける
「それって、プチうつ?」系の特集でやられるよりもよっぽどいい。
そもそも女性誌でよく見るプチうつって、プチ更年期って、なんだよそれと思う。
うつ病も更年期障害も立派な疾病で、本当に苦しんでる人がたくさんいるんだから
素人の自己判断で勝手にプチとかつけて病人ヅラしないでくれる?と思ってしまう。



小悪魔agehaの表紙コピーは、
普段は「あのコの夏服!」とかでまぁまともなのに、
たまに突然ぶっ飛ぶから目が離せません。
小悪魔 ageha (アゲハ) 2007年 10月号 [雑誌] 小悪魔 ageha (アゲハ) 2007年 12月号 [雑誌]
左はに触れたけど、このへんがすごいよなー
とことん厚化粧のお姉さんに画処理かけまくりの写真に
キラキラフォントで、このコピーですよ。
浜崎あゆみのメルヘンな外見と超現実的な歌詞並に、すごい落差ですよ。
ほんとすごい。そして惹かれる。



追記:「病んだっていいじゃん」続き

広告を非表示にする