読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tour -A Noble was Born in Chaos- in 横浜アリーナ シンフォニックスホール

横浜でVersailles見てきました。3マン。

時間が空きすぎてほとんど、内容忘れてしまった…

やっぱライヴレポは直後の勢いで書きまくらないとだめだね。

なので本家にメモっといた内容のコピペ+αを、箇条書きで。長いです。

ちなみにチケットのツアー名、ミスプリしてます。Nobelって。



摩天楼オペラ

Versailles同様、Last.fmで偶然聴いて好きになってたバンドだったので

楽しみでした。うーん、Versaillesと同事務所で、一緒に見られるなんて、

私は運がいいわ。


・セトリわからず

 たしか最初がalkaloid showcase、次がEVE、ラストはhoney drop

・うまい。音源の独特な世界観をライヴでもうまく表現できてる

 悲愴感あふれまくりでいい。

 このバンドの曲は、やっぱり瑠璃色のイメージだなぁ

・苑がうまい!高音とフォルセット圧巻!そして女歌詞最高!

・キーボードがいるビズアル系は私には新鮮だった

・一曲一曲、すんごいノリやすい。

 久々にヴィジュアル系に返り咲いたので、

 サビでの客席の手扇子の統一感にはびびったが

 跳んで逆ダイってのが非常に楽しく、遊ばせてもらいました。

・途中のMC、曲紹介のとこで、苑が

 「新しい音源から、EVE。

  ……じゃなくて、蜃気楼」

 みたいになって、次の曲を間違えたタイミングで

 ファンからハッピーバースデーコールがかかる。

 ドラムの悠が、誕生日近かったのかな?

 客席からフルーツケーキが出てきて、「ハッピーバースデー、ディア…」の次のとこで

 「悠悠悠悠悠ー!!」

 ってデスボイスでのコールが巻き起こっていたのが面白かった。おめでとう。

・honey dropでラスト。あれが飛び跳ね曲だったとは

・曲も声も歌詞もノリも好きだけど、顔があんまり好きじゃないなぁ…

 公式サイトではベースがかっこいいかもと思ったけど、実物は違った。

 そんなわけで、どこを見ていいのやらわからないまま終わってしまったわ



Kaya

無予習で見ました。そしたら素晴らしかった…!


・セトリ不明、最初がショコラ、ラストはRose Jailだったっけ?

・あらゆる意味でうまい。歌う踊る喋る煽る

・特に喋りと煽りがうまい。飴と鞭の使い分けが絶妙

・トリのVersailles以上に掛け声かかってたし、盛り上がってた気がする

・エンターテインメント性が高すぎる。一人であの盛り上げようはすごい。

 Kaya目当てで来た人以外も楽しめる、あの空間作りはほんとすごいなー

・再三ステージ際に来て煽るので、どさくさに紛れて手を触った

・二曲目かなんかの、思いっきり歌謡曲なバラードがよかった。中森明菜

・曲も、ピコピコあり歌謡曲ありトランスありゴシックありで楽しかった

・是非是非、また見たい!



Versailles

・90分で15曲。INTRO、The Love from a Dead Orchestra、

 To The Chaos Inside、History of The Other Side、

 Episode以外の持ち曲は全部やった

・セトリは、かなり曖昧だけど

Prelude

Aristocrat's Symphony

Antique in the Future

SUZERAIN

zombie

Second Fear -Another Descendant-

(ここまではたぶん合ってる)

windress

Forbidden Gate

Shout & Bites

After Cloudia

Beast of Desire

(ここまで三曲自信なし)

Sympathia

The Red Carpet Day


SFORZANDO

The Revenant Chior


・結論としてKAMIJOは10年前からあまり変わってない

・発声はオペラ風に変わったが、歌唱力自体はいまいち変わってない

 転調するとこで、ギター・ベースとはまた違う音階に転調なさるボーカル…

 はっきり言って、苑とKayaの方が全然上手かった

・HIZAKIはNOBLEのブックレットより本物の方が綺麗。

 ブックレットは化粧失敗してるのと、太ってたのが悪いね。

 動きに華があって目立つけど、上手しか見てくれない。ありゃファン多いわ

・TERUは意外に存在感が薄かった…風邪引いてたからってのもあるのかしら

・前がKayaちゃんだったから目が慣れて、Jasmineが大きく派手に見えなかった

YUKIはとにかくかっこいい、そしてJasmine共々かなり人気

・ボーカル以外はかーなりうまい。何あの安定感!ライヴなのに!

・しかしあのメタルなバック4人の音に、ビズビズしいKAMIJOの歌が乗るから

 新鮮でいいんだなーというのも実感。いいバンドだわー

・昔のDirと比べて思ったのは、ほんっとメンバーが動かないなーってこと。

 特定の煽り曲の煽りパートでしか動かず、あとは演奏に集中してるかんじ。

 TERUの存在感がないのは、動きが地味な上にほとんど前に出てこないから。

 Jasmineさんはくねくねするし、ステージ際まで来るからそれなりに存在感ある。

 HIZAKIはクールで前に出てこないけど、地味に煽ったりしているので華がある。

 YUKIは何気に派手なドラミングをしていて、見るとかなりかっこいいんだけど

 なんせあの衣装でかさばっている四人のかなり後ろにいるから目立たない。

 (ていうか私はYUKIの目の前のKAMIJOばっか見ているので尚更)

 ドラム台の位置を、ど真ん中じゃなくて

 KAMIJOとHIZAKIの間にすればいいのにねー

 Dieさんと殿の真ん中にいるShinyaみたいに。そうすれば見やすいのに。


・曲としては、Aristocrat's、Second Fear、The Red Carpet Dayに惚れた!

 ライヴでのレッドカーペットの楽しさはもはや異常。

 Second Fearは今日が初披露だったらしい。頭がんがん振れるし好きー

 After Cloudiaはハコにはあんまり合わないなぁ。シンセ部分が悪目立ちしちゃう

 あとは…Beast of Desireがヘドバン曲なことは明確だったけど、

 Shout & Bitesが拳曲だったってことにはびっくりしました。

・今日以降のVersaillesのアンコールのコールは、KAMIJOの

 「アンコールって言うのは、今日で最後にしよっか」という

 控えめで可愛らしい意思表示により、

 「アンコール!」ではなく「We are Versailles!!」に変更されました



・相変わらずKAMIJOの一人芝居的な寒いMCは健在でした

 「さっきKayaちゃんのステージのとき、楽屋にいたら

  すごい歓声が上がってるのが聞こえたんだけど…

  よし、じゃあ、皆、俺様の名前を呼べ!」

 (→客「KAMIJOーー!!」と歓声。素直)

 「ここでかみじょーマジック!この会場に雪を降らせよう」

 (アンコール、SFORZANDOの前に。しかも謎の手振りつきで「マジック!」って)

 「次でほんとにラストナンバーだ。お前ら、やり残してないかー」

 とかなんとか煽った後で、突然

 「1分間お前らに時間をやるから好きに使え!」と言って水を飲みに行くKAMIJO

 (SFORZANDOの後、The Revenant Chiorの前のMCで)

 しまいには、あまりの会場の失笑ぶりに

 「…苦笑かよ」

 と自分でつっこむ始末。

 あんたやっぱり素敵すぎるよ!このMCの路線だけはずっと変えないで!


・客がDirよりもおとなしく、押しも弱めで気がついたら二列目三列目にいた

・私はやっぱ拳上げてヴォイヴォイ言うとこと逆ダイヘドバンが一番楽しいなー

・最後、どさくさに紛れてKAMIJOにかすり、YUKIとは握手した

・帰りに興奮のあまり、Dirでも滅多に買ってなかった物販買っちゃった

 f:id:Rosesyrup:20080730031123j:image:w200

 ミラーとタオル。



いやーいいライヴだった!摩天楼オペラKayaちゃんも、Versailles

本っ当に楽しかった。いい対バンだったわー。

広告を非表示にする