Versailles・Lyrical Sympathy

Lyrical Sympathy

Lyrical Sympathy

 

なんと素晴らしいアルバム。

あまりの出来にびっくりなんですけど。

ほんと、KAMIJOなのに捨て曲が一曲もないよ…なんなんだ。



INTRO

イントロは、まぁお決まりのイントロである。


The Love from a Dead Orchestra

曲展開のカオスっぷりも、妙に魅力的かつ上手いピアノの麗しさも、

アルバムのしょっぱなに8分超えの曲をもってくること自体もいいが

それよりなにより

時代はなぜこんなに立ち止まる事を拒み

人を醜く変えてくのか?

青き静寂へと変わりゆくその旋律

消えてしまうがいい


消えてゆけ 燃えてゆけ 醜い私よ

いくら殺しても甦る屍

この想い 届くなら 全てを消し去り

汚れなき薔薇のようにただ咲いていたい

というヴィジュ系らしい超両極端思考な歌詞が、ひどく懐かしくて、ときめく。


Shout & Bites

とにかくサビが印象的。ポップで頭に残る。

薔薇!棘!毒!あぁーそうそうこういう単語の羅列こそがヴィジュ系ですよ!

テンション上がるわー。


Beast of Desire

スピード感があって曲はかなり好き。イントロよい!

歌詞が最後の最後で直接的すぎて閉口しますが、他は完璧。

KAMIJOさん、もう少しオブラートに包みましょう


Forbidden gate

おぉ、LAREINEっぽい!こういう曲はKAMIJOの声に合ってるよ。

そしてアルバムのラストナンバーっぽいがまだ続く


The Red Carpet Day

この曲が素晴らしい!一番好き。なので貼る

D

曲調も歌詞も全部よい!イマイチ迫力に欠けるシャウトもあるよ。


この歌詞読んで、ようやくThe Revenant ChoirのPVの最初と最後に入ってる

意味がちんぷんかんぷんだった台詞の意味がわかりました。

D

そういう意味だったのねーわかんないよあれじゃ!

やっぱThe Red Carpet Dayが、このアルバムの核なんじゃないの(独断です)。

ヴィジュ系すぎるほどの世界観で、よい。


Sympathia

再びLAREINE!懐かしいー

これは上手いまとめ方です。

ちゃんとアルバムの総括になってるし次にもつながる歌詞。

KAMIJOやっぱり才能あるよ!好きだ!



これだけ曲があって本当に全部よいし

一人頼みじゃなく、KAMIJO、HIZAKI、TERUと三人が作曲できて

それでいてバラバラの印象になっておらず、世界観が統一できてるのも強い。

これはよい。よいバンド。

これだけ世界観を作り込みまくってるので、

最初の音源が一番よくてその後ネタ切れしていく、というパターンが心配ですが

そこはもう、この道のベテランであるKAMIJOとHIZAKIに

頑張って乗り越えていって頂きたい。

とにかく今後に超期待!

広告を非表示にする