バルミューダ・ザ・トースター(2016年に買って一番よかったもの)

2016年もいよいよ年末ですが、今年買って一番よかったものはこれに決まり!

BALMUDA The Toaster

つい最近我が家に導入された、バルミューダのトースター。

これ、発売直後から評判がよかったし、私は小学生の頃からほとんど毎日欠かさずパンを食べている生活なのでずっと気になってはいた。が、我が家には私が一人暮らしを始めたときに当時の最安値で購入した古いトースターがあり、まだまだ使えるので、これが壊れたらバルミューダを買おうかなーと思うこと早一年半。

しかしトースターなんて長年使っててもまあ壊れやしない。このままだといつまで経っても導入せずに終わりそうなので、クリスマスだし、最近は予約なしで即日買えるということもあり、えいやと購入。

使い方

f:id:rose_s:20161229213439j:plain:w250

  • 庫内にパンを投入
  • 付属のミニカップで本体上部から5ccの水を注入
  • モードと時間をダイヤルで設定

以上。

これだけで簡単に美味しくパンが焼ける。

家に届いて、開梱して10分後には焼き始められた。うち、水を注入するためのミニカップが見つからなくてあたりを捜索するのに7分くらい費やした。(発泡スチロールの中にはまってた)


買って実際に使ってみて、これはたしかにメーカーが言っている通り、調理家電というよりも「経験を買う製品」だなーと納得。この小さなトースター一つで毎日食べるパンが美味しくなり、朝起きるのが少し楽しみになるんだからすごい。ちょっと大袈裟か?いや、私が今まで使っていた古いトースターとはそれくらい違うよ。



以下は使用レポ。買ったばかりなのでまだあまり試せてないけど、これまで試したパンについて書く。

食パン(超熟角型4枚切り)

私はおそらく15年以上ほぼ毎日超熟を一日に半斤〜一斤食べ続けてきているので、今までのトースターとの違いがわかりやすいかと思い、まず初めにいつもの食パンを焼いてみた。
f:id:rose_s:20161229014026j:plain:w200

  • パスコの超熟の角型4枚切りを使用
  • 食パンモード、3.5分焼き

焼き上がってトースターを開けると、いつもと香りが違う、気がする。ここまでは気のせいかもしれない。しかしマーガリンを塗るためにバターナイフで触ってみると、今度は明らかに触感が違う。いつもより少し固くて、弾力があるかんじ。

いざ食べてみると、まさに「外はカリッと、中はもちもち」。もはや陳腐なフレーズだが、もうこれに尽きる。食パンの耳と、白い部分の表裏表面のほんの薄皮部分だけが絶妙にカリッとしていて、なのに内側は全く固くなくてもちもちのまま、でもちゃんと焼けている。

今までのトースターで焼いたものとはあまりに触感が違うので、味まで違って感じられる。いや、焼き方が違うから実際に味が変わっているのかもしれないが、どちらにせよ明らかに違いがある。私の舌でもわかるくらい、違う。

トースターに入れたのはいつもの超熟なんだけど、焼き上がったのはいつもの超熟じゃないという不思議。前日にスーパーで250円で買った超熟なのに、パン屋の焼きたてパンを食べているような気になる。少なくとも、お店で食べるパンの味(焼き立てではないもののうまくリベイクしているパンの味)にはなってる。


パンを焼いている間にトースターを見ていると、焼き時間3.5分のうち、3分くらいはスチーム出したり出さなかったりしながらじわじわと焼いていて、その間はパン表面に焼き色がついていない。最後の最後、たった30秒くらいで表面を焼いて焼き色をつけている。

このスチーム量とタイミング、ヒーターの温度と時間制御こそがこのトースターのキモなのだろうが、こんなん素人には自力で制御できないよ。朝の仕事に行く前の忙しい時間に、トースターにつきっきりでいるの無理だし。それを全自動でやってくれるんだから便利だなー。

ちなみに、食パン一枚焼きでも二枚同時焼きでも、ほとんど差がなく勝手にうまく焼いてくれます。


さて、超熟がこの味に焼き上がるということは、もうちょい高いパン屋の食パンを焼くとどうなるのか?はたまた、めちゃくちゃ高い食パンを焼くと一体どんなことになってしまうの??と興味は尽きないが、食パンはひとまず超熟を継続しておいて、次に食パン以外を焼いてみることに。

クロワッサン

f:id:rose_s:20161229014118j:plain:w200

  • クロワッサンモード、3.5分焼き

食パンの時点で既に大びっくりしていたが、クロワッサンを焼いてみると、またもやびっくり。

焼き上がりの見た目は今までと何ら変わらないが、表面のカリッと感が至高。それでもやっぱり中は固くなっておらず、食パンのときよりさらに、「同じパンなのに違う味」感が強い。食感が違うせいだと思う。そして焼き上がってトースター開けた瞬間の香りが最高。

しかしあまりの美味しさに一瞬で食べ終えてしまったので、トースターのせいなのか、ただ単にこのクロワッサンが元から美味しかっただけなのか、よくわからなかった。

いちじくとチーズのパン

f:id:rose_s:20161229014144j:plain:w200

  • フランスパンモード、3.5分焼き

フランスパンモード初使用。具の入っているパンの場合は何分焼きなのか?と迷った末、スタンダードに3.5分で焼いてみた。

結果、今までのトースターで焼いたときとは違って、レストランで出てくるあったかいパンっぽくて美味しいが、しかし、感動するほどではない、という仕上がり。あれ?私、以前からこのパンめちゃくちゃ好きなのにな。

カレーパン

f:id:rose_s:20161229014213j:plain:w200

  • クロワッサンモード、4分焼き

ここで初めて失敗。中身がしっかり入っていてずっしりしたカレーパンだったので、長めに焼いた方がいいのかなと思い、4分で焼いてみた。

そしたら見た目は特に問題なかったものの、食べると外側がカリカリを超えてガリガリに。固くなりすぎた!

素人がやみくもにパラメーターをいじってはいけない、と仕事のときと同じ教訓を得た。次回は3.5分焼きにするわ。

別のクロワッサン

f:id:rose_s:20161229014250j:plain:w200

  • クロワッサンモード、3.5分焼き

前回のクロワッサンがあまりに美味しかったものの、パン自体が元から美味しいのか、トースターのお陰なのかがよくわからなかったので、前回のものよりも食べ慣れている別のお店のクロワッサンを購入して再度試した。

そしたらやっぱりめちゃ美味しい。ほんとに絶妙に焼き上がる。前日夜に買ったパン、しかも買った時点で既に焼きたてではなかったパンなのに、簡単にこう焼けるとは。

やはりこの美味しさはトースターのせいだった。クロワッサンモード最強説。クロワッサンは元から好きだけど、今後ますます好きになりそう。太るー!

バジルチキンとチーズのバケットサンド

f:id:rose_s:20161229014319j:plain:w200

  • フランスパンモード、3.5分焼き

フランスパンモード二度目。またも具入り、今度はバケットサンドに挑戦。これも結構中身ぎっしり系だけど、カレーパンの教訓を踏まえて3.5分焼き。レタスが入ってるけど、横着してこのまま全部一気に焼いた。

うん、美味しい。しかし、普通の美味しさ。

あーれ?いや、美味しくないとか、焼き方失敗とかいうわけじゃないんだけど、クロワッサンモードやトーストモードのときのような明らかな違いや感動はないんだよなあ。色々入ったまま焼いたからだめなのかな。具なしのただのフランスパンのリベイクに使ったら差が明らかになるのか、または焼き時間の設定ミスか。

フランスパンモードについては、まだまだ改善の余地がありそう。

レーズンデニッシュ

f:id:rose_s:20161229014345j:plain:w200

  • クロワッサンモード、3.5分焼き

ここまでで、クロワッサンモードが一番すごいと感じたのでデニッシュにトライ。

これは間違いなく美味しい。いや、元からデニッシュとかクロワッサンとかパイ生地とか(要はバターたっぷりで太りそうなやつ)大好きなんだけど、このトースターで焼くとさらに幸福度が増す。

クロワッサンのときと同じで、外はサクサク、中はふんわり、そして香りが最高。初めに食パンを焼いたには疑心暗鬼だったが、やっぱり味だけじゃなく焼き上がりの香りも違うように感じるよ。バターの香り最高。



というわけで、バルミューダのトースターを購入してから一週間、朝食のために色々試してみましたが、これはすごい。前評判通りで、買った価値が十分にあった。

特に毎日パンを食べる人、しかも、普段焼きたてでない普通のパンを食べている私のような人にこそおすすめです。逆に、日常的に美味しいパン屋の焼きたてパンや、ホームベーカリーでつくったできたてパンだけを食べているようなこだわりのある人には差がわからないかもしれない。

次のアクションとしては超熟以外の食パンを焼く。あとは、チーズトーストをまだ焼いていないので早いとこ試してみたい。わざわざチーズトーストモードがあるくらいなので、うまく焼けることを期待。


2016年に買ってよかったもの

なお2016年に買ってよかったものとして、一番はこのバルミューダのトースターで、次点はiPhoneSE 64GBです。

2017年以降は、もし引っ越せたらドラム式の洗濯乾燥機と食洗機を買いたい!家電は日々の生活を確実に幸福にしてくれるからいいね。

過去記事

poison.hateblo.jp

BUGY CRAXONE・ブージークラクション "ブルーでイージー、そんで来年20周年!" ~sweet 19 BUGY CRAXONE~@新宿red cloth

2016年のライヴ納めはBUGY CRAXONEワンマン。

f:id:rose_s:20161218191824j:plain:w250 f:id:rose_s:20161217001604j:plain:w250

去年の年末に行く予定だったワンマンは、チケットを事前に確保していたにもかかわらず当日午後に仕事で大ミスをやらかしたせいで行けなかったので、一年経って今回やっとリベンジ。

迷ったけど一応、と直前に前売チケットを買っておいたら、これが正解。なんと今回、ソールドアウトだったそうな。しかも、全然知らなかったんだけど、今回がBUGY CRAXONE結成史上初めてのソールドアウト公演だったとのこと。そうなんだ、それはめでたい!そして、チケット買っといてよかった。


初めて行ったred clothは、開演に割と余裕を持って入ったのに後ろまで人が入ってて、一曲目のNORTHERN ROCKから拳上げての大合唱。10年以上前の曲も、去年発売された最新アルバムの曲も、さらには今年ネット上で発表されて来年のベストアルバムに入る最新曲も存分に盛り上がって、最初から最後まで「来年の20周年とメジャーデビュー、そして今日のソールドアウトおめでとうBUGY」という愛にあふれた空気の中でのライヴだった。

途中、鈴木由紀子があまり鈴木由紀子らしくない(15年前の彼女なら絶対にしなかったであろう類の)MCをしたり、旭司のMC中に普通にボロ泣きしたりしてたけど、それも笑顔で受け入れられたし、そんな感動シーンと相変わらず圧倒的なロックとがやけに自然に混じり合った時間だった。ここにきて本編ラストが枯れた花でアンコールがI scream、ってのも素晴らしい。節目のワンマンにふさわしく、一切間延びしないいいセトリで、いいライヴだった。


来年は遂に結成20周年とのこと。私はビクターからのメジャーデビューシングルで彼らを知って好きになったので、ファン歴17年なんだけど、それにしても結構長い。私の人生の半分以上、好きでいるってことだもんなあ。

BUGYは、私がこんなに長い間好きでいられている唯一のアーティスト(ディルは途中10年近くライヴ観てないし、KAMIJOはLAREINE時代は別に好きじゃなかった)。アーティスト側も聞き手側も、時間が経てばお互い環境も方向性も変わっていくものなのに、最初に好きになってからこれだけの年月が経ってもまだ好きでいられて、音源を聴いてもライヴを観ても「やっぱりいい!」って実感できるってすごいことだよなあ。

ここ数年のBUGYは、ワンマンライヴで演奏される過去曲や、新譜の中で重要な位置に置かれる代表曲が見事に私の好みと合っていてほんとうに嬉しい。昔から好きなバンドが今向いている方向と、今自分が向いている方向がたまたま一致している、というこの奇跡。BUGY CRAXONE(アルバム名の方、私が唯一嫌いなBUGYのアルバム)の頃、離脱してなくてよかったよ…BUGYはメジャーデビューアルバムから今まで何度も路線が変わったけど、今の彼らの音楽と方向性を私は間違いなく好きで、今後が楽しみだと思える。


来年はなんと再メジャーデビューする(びっくり!KAMIJOに続きBUGYまでもが再メジャーとは…)し、ベストだけじゃなくオリジナルアルバムも出したいと言っていたので、また楽しみだなあ。一年後のクワトロでの20周年記念ワンマンのチケも既に購入したことだし、来年も彼らの活動を追っていけたらいいな。


と、ひとまずスマホから更新。セトリと感想ツイートを下に貼っときます。
(他、詳細は後日追記するかもしないかも)

セットリスト

NORTHERN ROCK
WATCH YOUR STEP
Why not?
Come on
FAST
いいじゃん
NY
ロマンチスト
ベリナイス
ぶるぶるぶるー
なんとなくBe happy
チーズバーガーズ・ダイアリー
たいにーたいにー
No.9 Punk Lover
Lesson 1
ブルーでイージー、そんでつよいよ
dreamer
枯れた花

I scream


感想ツイート

f:id:rose_s:20161217190615j:plain:w300

ミラクル(初回限定盤)(DVD付)

ミラクル(初回限定盤)(DVD付)

Lesson

Lesson

ヴィセ リシェ・カラーリングアイブロウパウダー BR-2(カシスブラウン)

前記事に引き続き、今年買ったコスメ。

VISSE カラーリングアイブロウパウダー BR-2(カシスブラウン)

f:id:rose_s:20161102015726j:plain:w300
www.visee.jp

夏に購入。最近、眉はいつもアイブロウマスカラとペンシルだけで適当に仕上げてしまっていたので、新しくアイブロウパウダーを買ったのは久し振り。

私はいつも髪を赤系かピンク系の暗い茶色に染めていて、特に染めたての数週間は直射日光の下で見るとかなり赤いので、それに合わせられるくらいちゃんと赤くなるアイブロウアイテムを新調したいなーということで買った。


眉マスカラの後に上から3色目で全体を描いて、薄いところに4色目を足して、最後に2色目を全体にふわっとかぶせるという風に使っている。ド赤なのは2色目だけなので、この色をかぶせるかかぶせないか、またどれだけかぶせるのかで結構印象が変えられる。まあ自分以外の人は気づかない程度だけど。一番濃い1色目は眉尻だけに使うにしても暗すぎるので、今のところは全く使ってない。

付属の斜めブラシは、小さいけれどハケにコシがあって意外に使いやすい。3色目と4色目を使って眉の形をつくったり薄い部分を塗りつぶしたりするのは全てこのブラシでやっている。たださすがに最後に赤をかぶせるのはこのブラシだと難しい(粉がのりすぎる)ので、使ってなかった手持ちのアイシャドウブラシを使ってふわっとかぶせてる。


コンパクトだし、ちゃんと赤が赤いし(レッド系を謳っていても実際にはあまり赤くないアイブロウアイテムは多い)、付属ブラシもそのまま使えるしで満足。不満点を挙げるとすると粉が飛びやすくて容器の中が汚れやすい点くらいだけど、このくらい柔らかい粉質とプレスだからこそ、この付属ブラシでもするすると描けるんだと思うのでそこは仕方がない。

そして何より、ドラッグストアでいつでもどこでも安価に買えるというのがよい。この価格でこれだけ毎日使えれば大満足。この製品、元々はイプサのアイブロウクリエイティブパレットが大ヒットしたから後追いで作られたんだと思うけど、安いし近場ですぐに買えるからという理由で私は先にヴィセを買い、それでもう満足してしまった。ヴィセを使い終わったら、本家のイプサも試してみたい気もするけど。



しかし去年くらいから、ドラッグストアコスメでも赤み系のアイブロウアイテムがまた増えてきていて嬉しい!もちろんデパートブランドなら色々あるんだけど、ドラッグストアでいつでも買えるような価格帯のものでは、きっちり赤くなるアイブロウアイテムがここ数年なかなか見つからなかったからなあ。

今私が使っている眉マスカラはヘビーローテーションのカラーリングアイブロウN 06(ピンクブラウン)で、ピンクというだけあってさほど赤みは強くなく、まあたしかに黄みやアッシュには転んでいないけど、という程度。ブラシが使いやすいのはいいんだけど、もっと赤い色のものが出ればなー。ピンクブラウンも去年やっと出た新色で、他の色はかなり黄色いから無理。

ヘビーローテーションの前は、エテュセのカラーリングアイブローN レッドブラウンをかなり長い間ひたすら使っていた。もう10本以上は使ったのでは。さらにその前に使っていたのはピエヌのライトブローマスカラ 93。ピエヌはかなり赤くて、アイブロウペンシルやパウダーに赤みのないものを使っても、ピエヌの眉マスカラを使いさえすれば赤み眉が出来上がるのでとっても楽で好きだった。しかも私の好きな赤だったし。もう売っていないのが悔やまれる。眉マスカラに限らず、伊東美咲時代のピエヌのマスカラとかアイシャドウの赤やボルドーはとても好きだったな。伊東美咲のきりっとしつつも女らしいビジュアルも、とてもかっこよかった。

なお今回、ヴィセのカラーリングアイブロウマスカラ BR-4も一緒に試したけど、これは私には赤みが足りなかった。



アイブロウコスメって毎日使うし、冷静に考えると眉は顔つきをつくる上でめっちゃくちゃ大事なパーツだというのに、私は毎日適当な流れ作業でざざっと描くだけで、いつも同じ製品を使い切るまで使い続け、しかもそもそも自分に合う眉の作り方が未だによくわかっておらず毎日なんだか釈然としないままメイクを終わらせてしまっているので、そろそろ考え直した方がいいよなあ。(と思いつつ、早数年)